相性抜群のDカップ女子大生

ある日、援助希望の募集を掲示板に発見。
どんな子なのかメールで確認して会うことになりました。
155センチ、47キロでDカップとのこと。

『本当にDカップか写メしろ』というと送ってきました!

面接決定!!

地下鉄の改札前で待ち合わせ。
その子の服装は白のTシャツに黒のデニムのミニスカート。
しっかり胸も大きかった。
ホテルまでの道のりを仲良く手を繋いで歩きました。

部屋に入って、風呂にお湯を溜めながらお話。
まだ時間があるからと行ってベッドに導くと素直に従います。
Tシャツを捲り上げてDカップを揉みしだくと・・・。

「ぅう~ん・・・ぁあ・・・」

そのままスカートを捲り上げてパンティをずらしてマンコを見るともうすでにヌルヌル。
クリトリスを責めると、「あん・・・ぁん~」と、感度も良好。
調子に乗って中指を入れると、ヌルヌルなのにキツキツ!
手マンしながら自分もズボンとパンツを脱ぎました。
いきり立ったチンポをその子の顔に近づけると、小さいお口でご奉仕してくれます。
ぎこちない感じもたまりません。


指を2本入れて掻き回すと先ほどよりも大きな声になり・・・。

「アッ・・・気持ちいい~・・・おしっこ出そう~」

「いいよぉ、おしっこ出してもいいよ~」

「いやぁ~ん・・・漏れるぅぅぅ~」

そう叫ぶと、ピュピュッと本当にお漏らししてしまいました。

「はぁ・・・はぁ・・・こんなの初めて・・・」

べちゃべちゃのおマンコに我慢できず、そのまま了解も得ずにナマ挿入。

「あ~ん・・・大きいよぉ」

「気持ちいい?」

「すごいのぉ・・・前彼より全然大きいぃぃ」

ピストンに強弱をつけて攻め立てる。

「イヤイヤ~、またイッちゃうぅぅ~」

カラダが一瞬硬直してクタっとなったので、「イッたの?」と聞くと・・・。

「初めて中でイッちゃった・・・すごく気持ちよかった・・・」

恥ずかしそうに顔を赤らめてます。
その素人っぽい反応にたまらなくなり・・・。

「イッていい?」

「いいよぉ・・・」

「中に出していい?」

「うん・・・たくさん出してぇぇ」

そのまま射精!
こんなに出したのいつぶり?ってくらい大量に出しました。
軽くキスをしてチンポを抜くと、オマンコから精子がドロッと戻ってきた。
それを見てまた興奮して、そのまま2回戦とも思ったが、一旦お風呂に入ることに。
ベッドに戻り、話をしていると、彼女の性格のよさが会話の端々から伝わってきた。

「いい人だね。彼女いるの?」

「ま、一応ね・・・」

「そうか、そうだよね・・・。でも、また会ってくれる?」

「いいの?」

「エッチの相性もいいし・・・。お金はいいからまた会って!」

「OK!!」

ちなみにその子は現役女子大生で、関係は今も継続中。
かなり気に入られたみたいで、彼女もさせてくれない中出しを毎回させてくれます。