後輩のOLが実は巨乳で、しかも処女だったのでたまらず…。

去年のことです。
Nは高卒の新入社員で、3歳上の彼氏がいるらしいが、なぜか入社当日から俺によく懐いてきた。

「私、◯◯に行ったことないの~。連れて行ってください!」

何度もしつこくせがむので仕方なく連れて行くことに。
その帰り道、Nが体調を崩して横になりたいと言い出したので、途中のサービスエリアで1時間の休憩をしたが・・・。
結局治らず、時計を見たら夜の10時過ぎ。
家路を急ぐのを諦め、ホテルに泊まることにした。
◯◯インターを降りて空いてるホテルを探すが・・・さすがに土曜日の夜、どこも空いてない。
結局、ちょっと割高だが、街中のビジネスホテルに泊まることにした。

ホテルに入るとNはすぐにベッドで深い眠りに入り、俺はしばらくソファーでテレビを観ていたが・・・、いつの間にか寝ていたらしく、目を覚ますと3時半になっていた。
ベッドを見ると、Nはまだ深い眠りの中・・・。
上半身が布団から出ているので、布団を掛けようと思いベッドヘ。
ちょっとイタズラ心が働いて、シャツの上から軽くオッパイを揉んでみた・・・。

(デカい!巨乳だ!)

今まで全くNに興味がなくて気付かなかったが、とにかくデカかった。
俺はオッパイを生で見たくなり、激しくなった胸の鼓動を押さえて、気付かれないようにゆっくりとシャツを捲ると、ブラジャーの上からでもはっきりと確認できる巨乳が俺の目に飛び込んできた。
Nをチラッと見ると、まだ深い眠りの中・・・。

(こんな巨乳だったなんて・・・でも・・・よく見ると結構可愛いな)

そして、いよいよ生乳へ。
震える手をブラに掛けようとしたら、オッパイが可哀想なくらい強く締め付けられている。

(今、無理にブラジャーをめくったら絶対に目を覚ますよな。かといって背中のホックなんて・・・どうしよう?くそ~、ここまで来て勿体無い)

生乳を半ば諦め、ブラジャー越しに軽く揉んでると・・・。

(ん!フロントホック!ラッキー!これなら気付かれない!)

何の迷いもなく胸の谷間のホックを外すと・・・。
美巨乳がブラジャーを弾き飛ばす勢いで、大きく揺れながら現れた。
まだ揺れてる巨乳を両手で掴んで、気付かれないようにゆっくりと揉んでみた。
Nのオッパイは想像以上に大きくて、柔らかくて、でも張りがあって、乳首は綺麗なピンク色で、とても温かかった。
俺は両手でオッパイを揉みながら、綺麗な乳首に触れると、寝ているのに立ってきた・・・。


たまらなくなって巨乳に顔を埋めてみた。

「う~ん・・・あぁ~ん・・・」

Nが声を上げたので、目を覚ましたと思ってビックリしてオッパイから手を離した。
でも・・・Nは乳首を立たせたまま、まだ寝息を立てて寝ていた。

ふ~、ビックリした・・・。
でも、寝てるのに感じてんのかな?
それにしても、すげ~大きくて、柔らかくて温かいオッパイ・・・。
ヤリテ~!
いいな~Nの彼氏は・・・こんな綺麗なオッパイで好きなだけ遊べるんだもんな~

俺はNのオッパイを両手で優しく揉んだり、ワシ掴みにして綺麗な乳首を口に含み舌で転がしたり吸ったりしてるうちに・・・。
いつしか俺は我を忘れてNの巨乳に激しく貪り付いて・・・。
Nの可愛い太股の間に入り、ズボン越しにチンチンをNの股間にパンティーの上から押し当てて激しく動かしていたら・・・。

「や、何してるの!や、やめて下さい!!」

Nが目を覚まして当然だが俺を撥ね退けようとした。
しかし、さすがにか弱い女の子、俺はNの上に乗ったままだった。

(やべ~、そりゃ起きるわな~。やりすぎた・・・どうしよう・・・畜生!ヤッちまえ!!)

俺は開き直り、Nの両手をしっかりと押さえて乳首に吸い付いた。

「イヤ!ダメ!ダメだって!やめて~!まだ早過ぎるよ~!!」

大声で騒ぎ出し意味不明なことを叫びながら俺の頭を強く叩いてきた。
俺はNがあまりにもデカい声で騒ぐので、黙らそうとNの唇にキスをして口を塞いだ。
すると頭を叩くのを止めて俺のキスに応じ、俺が入れた舌に自分の舌を絡めながら俺の唇に吸い付いてきた。
大人しくなったNの巨乳を優しく揉みながらさらに激しいキスを続けると、Nは俺の背中に手を回し強く抱き締めてきた。
気を良くした俺はNの巨乳を両手でワシ掴みにして綺麗な乳首に吸い付いて舌で激しく舐めた。

「あん・・・う~ん・・・はっ・・・あん・・・」

Nは完全に感じながら俺の頭を自分の巨乳に強く押し付けてきた。
俺は巨乳に吸い付きながらゆっくりとスカートの中に手を伸ばした。
かなり感じているらしく、すっかり濡れているパンティー越しにオマンコを擦り始めると・・・。

「ヤダ!!だめなの~」

急に我に返ったNは可愛い太股で俺の手を強く挟み、今度は俺の背中を強く叩き始めた。
俺は頭に来たのでNの太股に挟まれている手を強引に引き抜き、無理やりパンティーの中に手を入れてビショビショに濡れているオマンコを激しく揉んだ。

「だ・・・め・・・はぁ・・・あん・・・はぁ・・・」

感じてきたのか徐々に叩くのを止め、俺の頭を巨乳に押し付けてきた。
オマンコを優しく擦りながらNに濃厚なキスをすると太股の抵抗がなくなったので、一気にパンティーを下ろし、指をオマンコの割れ目に挟むようにして優しく動かした。
すると可愛いオマンコは俺の指を締め付けながら俺の指をビショビショに濡らした。
少し抵抗したがスカートを脱がして太股を両腕で抱え、Nの股間に顔を近づけると、ビショビショに濡れて薄っすらとしか毛が生えていない綺麗な縦線のオマンコが・・・。
その綺麗なピンク色のNのオマンコを指で広げて、完全に膨れているクリトリスを優しく舌で愛撫した。

「はぁん・・・はっ・・・はっ・・・あん・・・」

Nはさらに感じながら太股と両手で俺の頭を自分のオマンコに押し付けて、可愛らしく腰を浮かしてさらに激しく濡れてきた。

(こんなに濡れてんだ・・・挿入OKってことだろう・・・行くか!)

俺は服を脱ぎ、すでにギンギンのチンチンでNのオマンコの入り口を激しく刺激した。

「はっ・・・いやっ・・・」

Nは小さい声で少し抵抗したがすぐに観念したらしく、顔を向こうに向けて自分から両足を広げ、挿入を要求してきた。

(なんだかんだ嫌がってたくせに結構好きなんだな・・・こんな巨乳だもん、彼氏とやりまくってだろうな~)

彼氏に嫉妬しながらも、いよいよ挿入!

(ん・・・イテテテ・・・おかしい・・・入らね~・・・まさか・・・処女?)

何度入れようとしてもキツくて入らない。
焦りながらNを見ると、「ダメ!い、痛い!やっぱりダメ~!」と、涙を流しながらNは俺のチンチンの挿入を拒むように俺の腰を強く両手で押し仕返す。

(やっぱり・・・処女かよ・・・こんな巨乳なのに・・・信じらんね~)

「初めてなの?」

とりあえず聞くと、Nは顔を真っ赤にして頷いた。

(よく考えたら少し前まで学生だったんだもんな・・・処女でもおかしくないか)

「今まで誰にも体を触らせたことないし、裸を見せたことだってないもん」

真っ赤になった顔を両手で隠しながらNが言った・・・。

彼氏は今まで何やってたんだよ・・・こんな巨乳なのにもったいね~な。
でも、まずいよな~。
当然、彼氏もNが処女だと思ってるだろうし・・・処女じゃなくなってたらやばいよな~。

本格的に諦めモードに入りながらNを見ると、俺に揉みクシャにされたオッパイとビショビショに舐め回されたオマンコが・・・。

(もうここまでしたんだ・・・ここでやめたら一生後悔する・・・やっちまえ・・・)

再度開き直り、Nの上に跨がってチンチンを無理やり咥えさせ、緊張してるオマンコを優しく舐め回した。
早い話が69を始めたわけだ。
Nは最初はビックリしてただ咥えているだけだったが、そのうち訳もわからずしゃぶってくれた。
それがなぜか気持ち良かった。

「あん・・・はっ・・・あん・・・あん・・・」

Nはかなり感じているみたいで、ちんちんを握り締めながらオマンコをさらに激しく濡らした。
そして俺はNの太股を両腕で抱え、オマンコにチンチンを押し当て、再びNに挿入を開始した。
Nの太股押さえつけ、ビショビショのオマンコにNの唾液でいっぱいのチンチンをゆっくりと挿入。
頭が入れば後は簡単だった。
一気に奥まで挿入!
処女膜の破れる感覚が俺のチンチンを刺激した。

「あっ!!いっ!!いっ!!」

身を仰け反らせて痛がりながら、自分の股間を強く両手で押さえてるNを見守りつつ、Nの身体の震えが収まるのを奥まで入れた状態で待った・・・。
たった今、処女を喪失したばかりのオマンコが俺のチンチンを強く締め付け、激しく鼓動している。
Nの震えが収まってきたので、俺はNを抱き締め、キスをしながら優しく腰を動かした・・・。

「あん・・・いっ・・・はっ・・・いっ・・・」

Nは痛みをこらえながら強く抱きついて俺の唇に吸い付いてきた。
俺はNの口の中で舌を絡め、巨乳を優しく揉みながら腰を動かし続けた。
さすがに男のモノを初めて咥えたオマンコだ、腰を動かすたびに痛いくらいに俺のチンチンを締め付けてくる。

「あん・・・はん・・・はっ・・・あん・・・」

ようやく痛さが薄れて快感を感じ始めたらしく、Nはさらに俺のチンチンを締め付けながら巨乳を押し上げてきた。
俺は巨乳を両手で揉みながらピンク色の乳首を舐め回し、さらに激しく揉み乳首を指で刺激すると・・・。
Nのオマンコはさらに俺のチンチンを締め付け、激しく腰を動かすと俺の股間に温かい液体が流れ出した・・・。
俺は最高な気分になり、巨乳に貪りつきながら激しく腰を動かし、初体験のオマンコの中にイキそうになってきた。

「あん・・・なに・・・はっ・・・あん・・・はぁん・・・やだ・・・あん・・・うっ・・・」

Nは生まれて初めてイッたらしく、俺に激しく抱きついて、俺のチンチンを最高に締め付けながら俺の股間に大量の液体を噴出して果てた・・・。
その直後、俺も巨乳に顔を埋めて初体験のNのオマンコでイッた。

Nはしばらく放心状態だったら、ようやく我に返り、自分の愛液と俺の白い液体が流れ出しているオマンコを見つめていた。

「初めてなのに中に出しちゃったの?こうなったら結婚してくれるでしょうね」

笑顔だったが、その目は笑ってなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする