パパ活中のバカなJDを騙して…。

金に目がくらんだバカ女子大生を、文字通りハメるのは楽しすぎる。
前に投稿されてたやり方を参考にさせてもらったら結構な割合でタダマンに成功。
ってことで、最近の成果を発表する。
なんだ、ま~その~、自慢させてくれやwww

1人目、まなちゃん、21歳。
どっかの教育学部に在学中。
色白で巨乳。

肌の色が白すぎて、脇毛の剃り跡が際立ってた。
おっぱいがデカいのに全然垂れてない。
前にドンっと張り出した感じ。
顔は中の上。
ぽってりとした唇と、切れ長の目がセクシーだった。
過去に50代のパパがいたそうで、5万とか10万とか貰ってたそうな。

とりあえず信用させてホテルに連れ込んだ。
もうね、胸の揉み心地が半端ない。
すごい重量感。
こりゃ肩凝るでしょwww

一緒に風呂に入って、全身を洗ってもらった。
お小遣いをもらえると思ってるから、えらい尽くしてくれちゃうのよね。
ベッドで軽く愛撫して、フェラしてもらった。
フェラは意外にも下手くそだったなぁ。

で、生で挿入。
これがめっちゃ気持ちよかった。
生エッチは、ホテルに来る前の交渉で小遣いアップを条件にOKもらってた。
どうせ小遣いなんて渡さないけどなwww

で、彼女のアソコの中が最高に気持ちいい!
これにはびっくりした!
ピストンしなくてもウネウネと絡みつくようで、すげー快感。
軽く動いただけでイキそうになっちゃうから腰の動きを止めるんだけど、それでも彼女の中が動くからヤベーのなんの。
大迫力のおっぱいの動きも視覚的にヤベー。

対面座位で、ゴムまりのようなおっぱいにむしゃぶりついてる最中、突然射精しちまったわ。
当然、生中出しな。
あまりの快感におっぱいに顔を埋めながら、脚がピーンって伸びちゃったよ。
てか対面座位で、しかも動いてないのにイカされたの初めてだよ。

その後は再会を約束してとんずら。
着信拒否。
かかったのはホテル代だけ。
あーでも、もう1回ヤリたかったなぁ。
50代のおっさんが10万も渡した気持ちがわかるわ。

2人目、もえちゃん、21歳。
大学では音楽を勉強してるんだって。

待ち合わせ場所に現れた姿を見てびっくりした。
どっかのお金持ちのお嬢様みたい。
ストレートのきれいなロングヘア。
化粧は薄め。
清楚な感じ。
服装も上品なワンピースで、これからクラシックのコンサートにでも行きそうな感じ。

顔も文句なしに可愛い。
顔がちっちゃくて肌がツルツル。
まさに美少女。
こういうパパの募集は初めてなんだと。
よっしゃ、おっさんが色々教えてあげようじゃないかwww

ホテルに連れ込んでワンピースを脱がせたら、脚が長くて驚かされた。
まさに美脚。
ちょうど良い細さ。
長さ。
くびれ。
太ももで顔を挟んでもらったのは至福のひと時だったなぁ~。

風呂で全身を洗ってもらいながら世間話。
もえちゃんには親の決めたフィアンセというか医者の卵の彼氏がいるらしいが、エッチするのは月に1回。

それもかなり淡白なんだそうだ。
てか、処女をあげたのも彼だから、俺が人生で2人目の男www
だもんで、生エッチはNGだと言われてしまった。
チッ!

バスルームから出たら、もえちゃんが体を拭いている間にベッドサイドに置いてあるコンドームを持参したものとこっそり交換。
そう、俺が用意したゴムは、事前に針で先端部に穴を開けたものなのさ。
俺のお気に入りのベネトンのコンドームは袋が片側透明なので、針でゴムの先っぽ部分を狙いやすいのだ。
これマメな。
良い子はマネすんなよ。
どうか、俺の精子を受精して、医者の卵の婚約者とデキ婚してくれたまえ。

色んな体位を試したが、立ちバックが最高だった。
身長は俺の方が20センチほど高いのだが、立ちバックの体勢だと、あそこの穴の位置がちょうど良い高さなのだ。
彼女の脚の長さゆえか。

鏡の前に手を突かせて、その表情を眺めながらのピストン。
高さがちょうど良いから自由に腰を使える。
ラストは思いきりバンバンと突き上げて、鏡越しに見つめ合いながら細い腰をがっしり掴んで、最奥でフィニッシュ決めてやったわ。

めっちゃくちゃ精子出た。
ドックンドックン出た。
こんな清楚なお嬢様をバックから犯してると思うと最高に興奮した。
グリグリと押し込むかのように最後の一滴まで絞り出したあと、精液が穴から噴き出すようにゴムの根本を引っ張りながら腰をゆっくりグラインド。
案の定、外したゴムはほとんど空っぽだったぜwww

もえちゃんとも再会を約束。
そして着信拒否。
惜しい、めちゃくちゃ惜しかった。

「お小遣い、1万円でも大丈夫です」と言ってくれたのに、持ち合わせがないと言っても、「次に会った時でいいですよ」と言ってくれたのに、疑うことを知らない良い子だっただけに、おじさんが貧乏なばっかりにタダマンしてしまって申し訳ない。

3人目、マリアちゃん。
どこぞの国立大だそうだ。
モデルをしたこともあるんだと。
身長が167センチもあって、ヒールのある靴だったからもっとデカく見えた。
体はめっちゃ細い。
さすが元モデル。
だが、細すぎるのが苦手な俺には正直タイプではなかった。
顔はまぁ美人だと思う。
目がデカくて華やかな顔。

実はこの子には、ノーパンで来るようにお願いをしておいた。
そうすりゃ小遣いをアップしてやる、と言ってね。
そしたら本当にノーパンで来た。
しかもパイパン。
会った時の第一印象は好みのタイプじゃなかったけど、これには興奮した。
ラブホテルに向かう車の中でアソコを弄り倒してやったわ。

ホテルの部屋に着いて、興奮のあまりベッドに押し倒して即挿入。
ゴムは着けてない。
わざとだwww
しかしマリアちゃんが、「ちょっと!ゴムしてよ!」と焦った声を出したので中断。
そこからは通常の流れに。

だが、風呂でも俺の体を洗う手つきは適当だし、キスをさせてくれない。
聞けば、「彼氏に申し訳ないから」とのこと。
つうか、彼氏いるのにこんなとこに来てんじゃねーよ!

ベッドに移っても、フェラNGのマグロ状態。
しかもマリアちゃんのアソコ、全然気持ち良くない。
まぁ、俺が素直にゴム(穴なし)を着けたからかもしれんが、それにしても気持ち良くない。
細すぎて肉がないせいか密着感がないのだ。
出来の悪いオナホにピストンしてる感じ。

と、ここで中折れしてしまった。
いかにモデル体型で美人でパイパンでも無理だったよ。
若かりし頃ならこんなことなかったんだけどなー。
俺も年取ったなぁ。
ショック。

マリアちゃんには可哀そうな目で見られたが、「1人になりたいから」と言って彼女をシャワーに促した。
で、その間に俺は服を着てフロントに電話。

「部屋代は連れが払います」

鍵を開けてもらって脱出成功。
そのあとのことは知らん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする