向かいのアパートに住んでいる大学生と激しく交わった後に…

その日も、夜になってから、山崎クンがアパートの部屋に訪ねてきました。
ちょうど私がお風呂から出たときで、バスロープ姿の私を見て彼はこヤニヤ突いながら服を脱いでいたのです。

「あら、ダメよ、体洗ったばかりなんだから」
「いいだろ、また風呂入ればさ。奥さんのことだから、どうせアソコがグチョグチョになるくらいに濡れるんだ」
「ひどいわ、いやらしいこと言わないで」

私はそう言いながらも、つい窓のカーテンを閉めていました。
山崎クンは向かいのアパートに住んでいる学生さんです。以前に私がお財布を拾って届けたことから知り合って、
いつしかセックスをする関係にまでなっていました。いえ、正確に言えば、私から誘ったようなものなんですが……

「今夜も、ダンナが帰ってくるまで思いきりハメようぜ」

山崎クンは私を座敷に押し倒すと、バスロープを広げて、お湯でふんわりと柔らかくなった乳房を揉み出したのです。

「ああ、いい香りがする。セッケンの匂いだ。なんだ、もう乳首がシコってるじゃん。
奥さんだってヤッて欲しいんじゃないか。ダンナさんがいるのに、すごい淫乱だな」


「ああっ……、淫乱なんて、山崎クンがいきなりこんなことするからよお」

私はもう、噛ぎまじりの声を出していました。
たしかに彼の言うとおりなんです。

恥ずかしいですけど、三十になって初めて結婚をするまで、ずっと男に飢えていたのです。
とくに男性からモテたこともありませんでしたし、これまで交際した男性も二人しかいません。
その二人のうちの1人だった夫は、夜勤の警備員のお仕事をしていて毎晩、留守にしているのですから、淫らな欲求もたまるというものです。

「ダンナさんが知ったら驚くぜ。仕事しているあいだに、妻がアパートに男連れ込んでハメハメしてるなんてよ」

「やめてよ、もう夫のことは言わないで、せっかく二人きりでいるんですもの。気分がこわれちゃうわ」

山崎クンの手で荒々しく乳房を揉みしだかれながら、私は下腹部がジーン、ジーンと熱くなってくるのを感じていました。

「オッパイばかりいじっていないで、もっと他のところもやって」
我慢できなくなって自分からグンと腰を突き上げ、黒々とした淫らな下腹部に愛撫を求めると

「あ、やっぱりビチョビチョだ」
と彼は嬉しそうに、トロけた果肉の割れ目を大きな手で揉み込みました。

「そうよ、もっといじって。あ、そこ、クリトリスこすって……」
「いちいち注文が多いなあ」
などと言いながらも、彼も私が乱れていく様子に、ペニスをはちきれそうなくらいに膨らませているのです。

「もういいでしょう、ねえオチ○チンちょうだい、思いきりハメハメしてちょうだいよお」

悶えながら求める私に、山崎クンもつられて興奮し、鉄の棒みたいにデカくなったペニスを挿入してきました。

後ろから前から、何度となく彼のピストンを受けて、私はお風呂上がりのすべらかな裸身を汗みどろにしていったのです。
いつものことですが、性欲も体力もありあまっている若い山崎クンは、朝方まで私の裸身を離そうとしないのです。

やっと満足して部屋を出ていったかと思うと、シャワーも浴びるヒマもなく今度は夫が帰宅しました。

夜勤で疲れているほずの夫ですが、かならずといっていいほど朝から私の体を欲しがるのです。
いつものことだから、私も慣れていましたが、やはり山崎クンとの激しい行為が残る体を夫に晒すのは恥ずかしい……

「なあ、メシなんか後回しでいいから。こっちこいよ」
けだるい体でキッチンに立っていると、さっそく夫が、おねだりする子供みたいに後ろからすり寄ってきました。

「あん、ちょっと……、あぶないわ」
「いいからいいから、そんなの後にしろよ。ほら、佳子のココだってホカホカしてるぞ」
と後ろからスカートの中に手を入れて、パンティのふっくらしたマン中あたりをいやらしく揉み込んでくるのです。

「あっ、あっ……、後にして、ご飯のしたくが終わってから……」
「待てないね、オレは今すぐ一発ブチ込みたいんだ」
スカートの後ろをたくし上げた夫ほ、パンティもずり下げて私の大きなお尻を丸出しにしちゃいます。

「あん、お尻なんか出さないで・・・」
「なんだ、オケツがピンク色になってるぞ。佳子もけっこう興奮してるんじゃないか?」

「こんなところではいやよ、ご飯つくっている場所で汚ないことはやめて」
「きたない。そのわりにはココがヌルヌルしてきてるじゃないか、スケベだなあ」

夫はお尻のほうから手をねじ入れ、恥ずかしい柔肉もまさぐって
「まだ何もしていないのに、こんなに熱くなってるぞ」と嬉しそうに言うのです。

ほんの数時間前まで山崎クンのピストンを受けていた部分は、夫の子供じみた愛撫にもすぐに脈打ってきてしまうのですから、私も言い訳する青葉がみつかりません。

「ようし、オケツを広げて佳子のヌルヌルした液が出てくる穴を見てやる」

山崎クンのペニスで赤く充血してしまったアソコの秘肉を見られると思って、私がとっさにスカートをおさえようとすると

「なんだ、夫にオマ○コも見せられないっていうのか」と夫はよけいに興奮して、私のお尻をブイと引き上げると、尻たぷを両手でかき広げて恥ずかしいお肉まで広げるのです。

「おおっ!すごいぞ、佳子の下のお口がこんなに真っ赤にただれている。そうか、オレにいじくられてそんなに嬉しいのか」

「そ……、そうなの。私、あなたにいじられてすごく興奮しちゃって……すけべよお」

若い愛人との激しい行為の余親が生々しくのこる恥部にコーフンした夫の愛撫に、私もつられてドクドクあふれていました。

「そうか、わかったよ佳子、じやあオレがもっとヌルヌルさせてあげるよ」

「嬉しい、早くして、あなたの大きなオチ○チンで私をめちゃめちゃにしてちょうだい」
鈍感な夫に内心ホッとして、ガスレンジの火を消した私。

「どうしたの、早く太くなっているのをちょうだい。私も我悼できないわ」

「いや、もっとじっくり佳子のスケベな生肉を味わってからだ」

夫はヨダレをたらさんばかりの声で言うと、真後ろにとび出しているぬかるんだアソコにガプリと食いついてきました。
山崎クンのザーメンがプンプンしているハズのところをです。

「きゃっ、口でなんてダメよ。さっきオシツコしたばかりだし、くさいわ……」

お尻をくねらせて夫のロから逃れようとしても、夫はスケベなヒルみたいに吸いついてはなれません。

鼻をフンフン鳴らしながら、一心不乱に愛液を吸い上げては舌で窒口をチロチロくすぐつてくる始末です。ウワキがバレほしないかと、私は息がつまってめまいまでするようです。
けれど、いたってノンキな夫は、プハッと息を吸ってお尻から口をはなすと

「う……、佳子のココはものすごくスケベな匂いがプンプンする。鼻がおかしくなりそうなくらいだよ。
オレにいじくられてよっぽど興奮しているんだな、よしよし」

などと満足げにうなずいているのですから、私もちょっぴり罪悪感を感じないでもありません。
けれど、そんなスリルいっぱいの気持ちは、すぐにとびきりの興奮にすりかわってしまうのですから不思議です。

「嬉しいわ、やっと太いのをくれるのね。あなたを待って一晩中ずっとウズウズしていたのよ」心にもないことを口にする。

「さあ、来て、子宮が壊れてしまうくらい奥までぷち込んでえ」

私の乱れぷりにこたえて、ついに夫も息を荒げてコチンコチンになったペニスを後ろから突き上げてきました。


そして激しいピストンに体を揺さぶられて、私は身をのけぞらせて歓喜の喘ぎを漏らしていました。

夜と朝、それぞれ愛人と夫のペニスを受け入れているふしだらな自分を痛感して、ぐんぐん私はのぼりつめていったのです……。
こんな興奮は当分やめられそうにありません。