行きずりの女を改造車で攫ってレイプした話

自分で言うのもなんだが、俺は顔もスタイルもよく、仕事もできる。
だから女には結構モテる。
だが、生まれてこのかた29年間、まともに女と付き合ったことがない。
女は俺にとってセックスだけの存在だ。

言い寄ってくる女はほとんどその日のうちに無理やりやって、飽きたら捨てた。
だが、たいていの女は俺が襲っても嫌がらないのでつまらなくなり、女にまるで縁のないぶさいくな友人(アキラ)と、行きずりの女をレイプするようになった。

ある週末の夜、アキラと駅前に物色に行った。
ホームから下りてきたのは数人。
見ていると、24、5歳くらいのワンピースを着た女が駅を出たところで携帯で話し込みだした。
どうやら男と揉めているようだ。
俺は自販機でジュースを買うふりをして様子を見に行った。

「なんで会ってくれないの?電話じゃ話もろくにしてくれないじゃない!」

女は半泣き状態だ。
どうやら男から一方的な別れ話をされて、女が男の所に話し合いに来たが、男にはその気がなく、迎えにも来ないということらしい。

俺は気づかれないように女を観察した。
髪は茶色で肩より少し長いくらい、緩やかなパーマをかけている。
ちょっと気が強そうだが、ふっくらした唇がそそる深津絵里に似た美人だ。
胸はCカップぐらいだろうか、腰が細く、お尻への曲線が艶かしい。
脚は細長く、すらっとして俺好みだ。

俺が車に戻ってすぐに女(絵里とする)は電話を終え、意を決したように歩き出した。
駅から歩いて男の家まで行く気らしい。
こんなにいいカモは滅多にいない。
顔を隠すためゴーグルをつけ、アキラに運転させてさっそく追跡。
東京とはいえ、外れの方の田舎なので、ほんのちょっと行くだけで人気もなく、明かりもほとんどなくなる。
車を絵里のすぐ横につけ、驚いている絵里を引きずり込んだ。

「・・・!」

絵里の口を手で塞いではいるが、びっくりして声も出ない様子。
すぐに発進。
ここでやっと絵里が抵抗を見せるが、男の力に敵うはずがない。

ちなみに俺のこの車、後部座席はレイプ仕様に改造してある。
ちょうど女が大の字に寝て拘束できるように手錠や縄が取り付けてあるんだ。
とりあえず両手を万歳させて繋ぎ、恐怖のあまり「いや・・・やめて」と震えながら呟くだけの絵里の口に猿轡を噛ませる。
あまりに抵抗が激しくて扱いづらい女は足も固定するが、絵里は体をくねらせるだけなので自由にしておいた。

そうしておいて、たっぷりと視姦する。
薄手のワンピースの胸元に柔らかそうな膨らみが見える。
最近の女は、爆乳だと思って大喜びで脱がせると、パット入りの寄せ上げブラでがっかり、なんてことがあるが、絵里はそんなことはなさそうだ。
暴れたために捲れあがったワンピースの裾からすらっと伸びた白くてきれいな足。
改めて顔を見るとほんとに美人だ。
ちょっと気が強そうな感じの女が恐怖に怯えた目をしているのが、なんとも俺の下半身を疼かせる。

見ているだけでは我慢できなくなり、前開きのワンピースのボタンをひとつひとつ外していく。
絵里はぐもった声を漏らし、必至で足をばたつかせて抵抗するが、すぐに服は左右に割れ、下着だけのきれいな体が現れた。
彼氏のところに行って仲直りをするつもりだったのか、濃紺に白のレースで彩られた上下セットの色っぽい下着を着けている。
しかもパンティはTバックだった。
ストッキングは穿いていなかった。

ちょうどそのとき山の中のちょっとした空き地に停車し、アキラも後部座席に来た。
もちろんゴーグルを付けている。
いつもリーダーシップをとっている俺が先。
絵里の猿轡を外し、恋人同士のような濃厚なキスをしてやった。
絵里はまだ手錠をガチャガチャ言わせて頑張っている。
ディープキスから耳、首筋へと唇を移動させていく。
なんて甘くて美味しいんだ。
口が自由になった絵里は初めて悲鳴をあげた。

「いや!!助けて、雄一!」

『雄一』というのが、さっきの電話の相手だろうか。
いずれにせよ、こんな山の中じゃ誰も聞いていない。
俺は構わず絵里のブラジャーを外した。
ぷるん!と弾けて2つのおっぱいが出てきた。
ピンクの乳首を口に含み、わざとべちゃべちゃと音を立てて舐め回す。
もう片方のおっぱいは手で揉みしだいてやる。
なんとも柔らかくて最高の手触りだ。

「やだ!やめて!」

いいタイミングでアキラが絵里の唇を奪う。

「んん!」

絵里の声はまたくぐもった。
乳首をおっぱい星人のアキラに譲って俺は下半身へ。
またも絵里の抵抗が激しくなった。
脚を思いっきり広げて膝で組み敷き、絵里の動きを封じる。
Tバックはいやらしく思いっきり食い込んでいる。
その布の上から舐めまくる。

「こんなTバック穿いて・・・襲って欲しかったんだろう?」

そう言って布地をずらし、また舐め回す。
女が気持ちいいとかそんなことは関係ない、俺がしたいようにするだけだ。
きれいなピンク色をしたマンコが俺のよだれでべちゃべちゃになって、周りの陰毛が光っている。
俺はもうたまらなくなってズボンを脱ぎ、ギンギンになったチンポを絵里のマンコに押し当てた。

「お願い、やめて!」

絵里は絶叫するが、嫌がる女を無理やりやるのが大好きな俺には興奮剤にしかならない。
入り口を捉えたら一気に突っ込む!

「いやああああ!!!」

絵里が仰け反ったがもう遅い。
俺のチンポは全部絵里の中に収まった。
すぐにピストンをはじめる。
すっげぇ気持ちいい。
絵里のマンコは最高だった。
中が狭く、壁がザラザラしている。
しかも何かコリコリと俺のを刺激してくるのだ。
あまりに気持ちよすぎて、俺は1分ももたずにイッてしまった。

「イクぞ、中でイクぞ!」

どぴゅ!どぴゅ!!

「いや、中はやめて、抜いてぇ!!」

そんなこと言われても、もう出てしまったもんはどうしようもない。
それよりも、イッたはずの俺のチンポがちっとも硬さを失わない。
こりゃあ抜かずの2回戦に突入だ。
今度は俺の精液のせいでぬめりが出てさらに気持ちいい。
絵里の顔を見ると涙でぐちゃぐちゃだ。
その顔にさらに興奮した俺は、おっぱいを揉み続けていたアキラを押し退け、絵里のおっぱいの形が変わるほど強く揉みながらもう片方のおっぱいにむしゃぶりついた。

「あああ、いやああ・・・」

あまりにしっとりした肌の感覚に俺はもっと密着したくなった。
アキラに絵里を固定していた手錠をはずさせ、バックの姿勢をとらせて再度挿入。
絵里はもうぐったりしている。
微かに、「やだ・・・やだ・・・」と声を漏らして嫌がっているだけだ。

バックにするとさらに絵里の体がエロっぽくなった。
乱れた髪、揺れるおっぱい、腕に絡みついたままのブラジャー、くびれた腰、張り出た腰、ずらされたTバックのパンティ。
そして腿を伝い落ちる俺の精液・・・。
俺は覆い被さるようにして絵里の両方のおっぱいを揉みながら激しく腰を打ち付ける。
絵里は手で体を支えることができなくなり、床に崩れた。
そうなるとお尻だけが高く上がり、俺を誘っているように見える。
手を股間に這わせ、クリトリスを擦る。

「ああ!いや!」

絵里がびくん!と反応し、マンコがきゅっと締まった。
俺のチンポもあまりの気持ちよさにびくん!となった。
クリトリスを何度も何度も擦り、ビクビクと痙攣する絵里を突きまくった。
正常位に変え、絵里の両足を抱え込み、激しく動く。
絵里の嫌がる悲鳴とマンコのぐちゃぐちゃする音、肉がぶつかり合うパンパン!という音が10分も続いただろうか・・・。

「うおおおぉ、出る!!」

叫んでしまうほどのすごい快感だった。


イク瞬間が永遠に続くような気さえした。
頭のてっぺんからつま先まで震えが来た。
絵里も何か叫んでいたような気がしたが分からなかった。
そして俺は絵里の上へ崩れ落ちた。
絵里の唇を夢中で吸う。
腰が抜けたように力が入らなかった。
絵里は激しく泣いていた。

「いやぁ、離して・・・」

弱々しくだが俺を払いのけようと抵抗をしだした。
普通の女はたいていやり終えたあとは抵抗する気力もなくなってしまいつまらないもんだが、絵里はどこまでも俺のレイプ願望を満たしてくれる。
もう一度やりたい思いに駆られたが、さっきのが強烈過ぎて体が動かない。
やっとの思いで体をどけると、俺と絵里の行為を見ながらせんずりしていたアキラが絵里に襲いかかった。

「・・・や・・・」

アキラは乱暴に絵里のTバックを剥ぎ取り、脚を開かせるとのしかかるように貫いた。

「・・・もうやだぁ・・・!」

絵里が叫ぶ。
最高だ。
アキラはいつも大の字に拘束した女しか抱いたことがないので異様に興奮していた。
マングリ返しにして上から絵里を潰すようにピストン運動を数回したかと思うと、「うああああ!」と叫んでイッてしまったようだ。
アキラもその場に崩れる。
しばらく車内は3人の荒い息遣いしか聞こえなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする