友人に口内射精された妻

結婚前の独身時代、自分も二股をかけていたことがあり、間違って違う女の方の名前を呼んでしまって修羅場になったことがあります。
しかし、結婚10年目を迎えた妻の口からセックス中に違う男の名前が出た時は、何とも言えない気持ちになったんです。
セックスしながら妻を問い詰めてみました。

「今、『ツトム』って言ったよな!誰?」

「・・・」

「まさか、友達の努か!」

「うん・・・。ごめん」

一瞬怒りがこみ上げたが、息子も急に硬度を増したのを感じた俺は妻をさらに追求した。

「で、どこまでやった?怒らないから素直に話してみろよ」

初めは戸惑っていた妻だったが観念したのか静かに話し始めた。

「あのね、皆でうちで飲んだ時・・・。最初は胸を揉まれちゃって、『ダメッ!』って抵抗したんだけど、『オッパイくらい、いいだろ?』って服の中に手を入れて来ちゃって」

「それで」

「こたつの中でパパのことを何度も蹴ったのに全然起きてくれなくって・・・、胸にキスされちゃった」

「それから」

「それで私も少し感じちゃったみたいで、ちょっと喘ぎ声を出しちゃったのね。そしたら努君が興奮しちゃって下も触り始めちゃって。あっ、でもパンツの上からだよ」

「それでもっと声を出しちゃったのか?」

「うん・・・それでね、手を努君のあそこに引っ張られちゃって、握っちゃった」

「努のチンポ、どうだった?」

「そんなに大きくなかったけど、カチカチになっちゃってた。アッ、アッアッ・・・」

話を聞いて興奮した俺は、妻をゆっくり浅く深く突き上げていた。

「それから咥えちゃったのか?」

「アッ、アッ、だって、アッ・・・弄ってたら、『出そう!』って言うから・・・アッ」

「そういえばあいつ、一発目は早いって言ってたな。でもさ、なんでフェラチオするわけ?」

「だって、アアッ・・・、その辺にピュって出されちゃったら困るから、アッアッアッ」

「じゃあ、奴の飲んじゃったのかよ!」

「アッアッアッ。どうしちゃったのパパ?凄く元気。奥に当たる~~~アッアッ、咥えてもすぐイカなくって、だから20分くらいフェラしちゃった、アアアアッ・・・イク!」

俺も妻に合わせるようにイッた!
激しくイッた!
久しぶりの大量放出だった。
チンポを引き抜くと妻のマンコから嫉妬と欲望で生み出された白いザーメンがドロリと流れ落ちた。

いつもなら1回だけで満足するが、妻が寝取られたとなれば一発だけでは満足出来ず、ほんとに何年ぶりだろうか、結婚して10年目を迎える夫婦なのに嫉妬と興奮で連続で妻を激しく抱いてしまった。

「ごめんなさい、パパ」

そう言いながら感じている妻。
見慣れてた妻のアヘ顔がその日は物凄くエロく見えて、二度目も激しい夫婦の営みになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする