パート先のイケメン大学生の趣味に付き合い、モデルになってみたら…。

私は38歳になる、パートを始めて1年くらいになる主婦です。
パートを始めて1年くらいになり、ようやく少しは発言できる立場になったのですが、パート先に亮くんという大学生がいるんです。

彼はなかなかの頑張り屋さんで、仕送りももらわずに生活費はバイト代でまかなっているんです。

そしてなかなかのイケメンで、ジャニーズ系で、ジャニーズのファンクラブに娘と一緒に入っている私としては、亮くんは、母性本能をくすぐるタイプなんです。

亮くんは現在、司法試験の勉強をしていて、もともと田舎の実家が貧乏だったらしく、奨学金をもらいながら、大学に行っているのですが、将来は親を楽させてやりたいとがんばっているのですが、ただ趣味がカメラで、日常のさまざまなことを写真に撮って、半年前は下のほうですが賞をとっているくらいにうまいんです。

私は亮くんをかわいがっていて、食事を作って差し入れしたり、たまにご飯をパート先のみんなで食べに行ったりしてるんですが、彼には1つだけ悩み事があるんです。

ちょっと前の転勤する社員の送別会の時、私にモデルになってほしいと言ってきたのです。
亮くんは新しい分野に挑戦したいらしく、とにかく私を撮りたいと言うのです。

しかし私ときたら、子供は2人いるのですが、20代から比べると、10キロ近く太って、身長は160センチくらいですが、体重が58キロあり、お尻も大きくなって、困っているくらいなのに、私を撮りたいと言うのです。
ただバストだけは昔から大きくて、93センチはあるんです。

しかし、最近の彼を見てると、大学とは別に高い学費を出して、大学の授業が終わると、すぐに司法試験の予備校に行って、それからバイトに来るので、疲れているというか、この前の司法試験に最終試験で落ちたそうなのです。

彼の落ち込みようは尋常ではなく、バイトで失敗が重なり、それでも大好きなカメラで写真を撮ったりして、気を紛らせているのですが、それでも彼の休憩中の顔を見ると、難しい司法試験の最終試験で落ちるなんて、かわいそすぎます。

だから最近は私がいろいろと話に乗ってあげたり、食事に誘ったりしてるのですが、そんなこんながあったのか、彼は今、私を完全に頼りきっています。
だから彼を元気づけようと、OKを出したんです。

ただし、私も家庭があるので、私の体を見ても笑わない、勝手に私の体に触らない、写真のネガはすべて私に渡す、という条件でモデルになることに決めました。

亮くんはお金はあんまり持ってないから、撮影の時のホテル代は私が出すと決め、パートの休みの昼間に、某ラブホに行ったんです。

ラブホなんて10年以上ぶり。いやそれ以上で、どちらかというと、私はワクワクしながらも、でも他人に裸を見せることに抵抗はありましたが、かわいい亮くんのためだ、と覚悟を決めて行きました。
もちろん旦那には内緒です。

ホテルに入ると、大きなベットがあり、お風呂はガラス張りで透け透けで、なんか異様な空間で、私の気持ちは、だいぶ盛り上がっていました。

少しお酒が入れば何でもできると思い、亮くんとビールで乾杯。
亮くんは通販でいやらしいランジェリーと簡単なSMセットを持ってきていました。

「え、こんなもの着るの?」
「はい、澄子さんに着てほしんです」
「いや、でも、恥ずかしいな~」

そう言いながらもお酒の力もあり、体はほてっていて、亮くんがカメラマン用のライトの準備をしながら、彼の腕とかを見てると、あの腕に抱かれたいと思うようになり、アソコが熱くなってくるんです。

撮影のセットはプロ並みで、私はちょっとしたモデルになった気分で、撮影が始まると、女性って撮られることに快感を感じる人がいるって聞いたけど、私もそうみたいなんです。

そして彼の言葉巧みな言い方で、だんだんその気になっている自分がいるんです。
だから、足を広げたり、お尻を突き出したりと大胆なカットが連続して続き、私は彼に言われるままに、パンティも見えるようなかっこをしていました。

そしてまずは、私が身に着けている、私が着てきた下着姿で徐々に撮影が進み、私も興奮してきて、ついにブラジャーも取ってしまって、気がつくと上半身は裸の状態になっていました。

私は上半身裸の状態で、またいやらしいポーズをとり、彼はだんだんと私を脱がせていこうとしてるんです。
ただし約束どおりに私には触れずにです。

でも私も興奮してきていたから、乳首が硬くなっていくのがわかるし、彼が指摘したんです。

「澄子さん、すごい!乳首も硬くなってきてるよ」
「いや~、そんなこと言わないで・・・」
「きれいだ、澄子さんすべてを撮りたいな~」
「もう、調子に乗らないの」
「あ、その怒った顔もいい、もう1回怒って~」

そして彼が持ってきたランジェリーに着替えました。
今までランジェリーなんか着たことないから、恥ずかしく、でも真っ赤になった私の表情がすごくよくて、そのままどんどんフラッシュがたかれ、パンティも、すごく小さいものを着て、アソコの毛が少しはみ出しているんです。

でもそれが彼にはすごくいやらしく見えたらしくて、彼の股間を見ると、膨らんでいるのがはっきりとわかり、私が足を開くたびに、股間がピクン、ピクンと反応しているのがはっきりとわかるんです。

なんか変な気分になってきたところで休憩を入れました。
私はすぐにガウンをまとい、ビールをコップ1杯一気に飲み干すと、

「澄子さん、すごくいいのが撮れましたよ」
「もっと綺麗に撮って~」
私は少し甘えた声で彼に言うと、

「澄子さんはまだだいぶ若く見えるから、もっといいのが撮れますよ。ただし僕の言うことを聞けばの話ですが・・」

亮くんはあやしい笑みを浮かべながら、でもうれしそうでした。
私が単純というかバカというか、その時は間に受けて、次の浴室での撮影に移りました。

その時、彼は、カバンからローションを出してきて、
「泡まみれとローションまみれでいきますから」

私もだいぶ慣れてきて、裸になるのに抵抗を感じなくなり、全裸になってシャワーを浴びました。

すると亮くんはパンツ1枚で入ってきて、
「きゃっ、何脱いでるの?」
「澄子さんも脱いでるから」

彼の裸を初めて見たのですが、適度に筋肉がついていて、無駄なぜい肉がなくて、私は裸を見てるだけで、さらにアソコが濡れてきたんです。
そして彼から胸を寄せるように言われ、谷間を作ると、そこにローションを流し込んできたんです。

でもローションの冷たさで私の体は余計に熱くなり、初めて塗られたローションをおっぱいを揉むようにヌルヌルとのばすように言われると、私はつい感じてしまい、
「あ~、あ~、なんかいやらしいわ~」

彼はかまわずにシャッターを押し続け、さらに背中にもローションを流されて、彼は約束とは違い、私の背中のローションを背中いっぱいにヌルヌルにひろげていくと、
「あ~ん、約束が・・・ちがう~」
「澄子さんがきれいだから・・・すごくいやらしいですよ」

私は彼の手の温かさとローションのヌルヌル感で、もう自分が変になっていくのがはっきりとわかりました。

そしてお尻のあたりを塗られる時には、もう立っているのがやっとというくらいの状態になり、浴室に手をついて、彼のいやらしい手つきに身をまかせ、彼はだんだんと、お尻全体をなでまわすように、ローションを塗り、そして股の間からおまんこの辺りに手を入れてきたのです。

「あっ、あっ、そ、そこは・・だめ~」
「澄子さん感じやすいんだね」
「あ~ん、そ、そんなこと~・・ない~」

もう私の感情は止まらなくなっていました。
彼の手つきが気持ちよくて、そして股の間から彼の股間が見えたんですが、パンツの横からはみ出しているんです。
それも勃起した状態がはっきりと目で確認できたんです。

私はすかさず、彼の股間に手を伸ばし、彼のパンツが濡れるのはおかまいなしに、彼のペニスを握ると、
「あっ、だめだ、澄子さん、話が違うっ」
「話が違うのは亮くんよ~、さあ、観念しなさい」

私はヌルヌルしながらも体勢を変えて、彼に抱きつき、熱いキスをしてしまったんです。

ローションを塗っている体が彼の体をこすれあい、ヌルヌルしながらも、私はその感覚を感じながら、キスをしながら、舌を絡ませていました。
約束を破ったのは私の方かもしれません。

私はあまりの快感に我を忘れ、彼に抱きつき、感情のおもむくままに彼を求めていたんです。

「亮くん、大好きよ、抱いて、強く抱いて~」

亮くんはローションでヌルヌルの体を手で全身をヌルヌルと触りながら、私のお尻をギュッと握り、そして片足を浴室のあげさせると、亮くんの熱く固いものが股の間からおまんこあたりをヌルヌルこすりつけてきたんです。

「あ~ん、当たってる~、あ~ん、もっと、もっと~」
「澄子さんいやらしいよ、あっ、あっ、気持ちいい~」

彼のペニスがクリトリスを刺激し、今にもおまんこに入ってきそうな感じで、彼をペニスを押し付けてきて、と感じてる瞬間、ちょっと腰を動かす方向を変えたかと思うと、ヌルっと彼のペニスがおまんこに入ってきたんです。

「あああ~っ、入って・・・あっ、あっ、あっ、だめ~っ」
「あああ~、澄子さん、入っちゃった~」

彼はそのまま腰を動かし続け、クチャ、クチュ、と音がして、私はもうどうにかなりそうで、
「ああ~、いっちゃう~、いっちゃう~っ」
「あああ~、だめだっ、まだっ、まだっ、あああ~、俺もイクっ」

彼は慌ててペニスを引き抜き、私の太もものところで射精してしまいました。
お互い何もしゃべらずに数分が経過したでしょうか、

「洗ってあげる」
私はシャワーを手に取り、射精した後、少し萎えたペニスを握り、きれいにシャワーで洗うと、またみるみる大きくなったんです。

「まあ、元気ね、すごいわ」
「いや、澄子さんが気持ちよすぎたから・・・」

彼は恥ずかしそうに言うと、私は彼のペニスを口に含み、カリの部分を集中的に舌で舐めあげると、ギンギンの状態になったペニスが脈打つように反応し、

「さあ、きれいになったわよ、次はベットでね」

先に彼をあがらせ、私もきれいに洗い、バスタオルを巻いてソファで少しくつろいでいました。

彼は下半身だけバスタオルを巻き、タバコを吸いながら、ビールを飲み、

「亮くん、これが目的だったんでしょ、正直に言いなさい」
「すみません、そういうわけじゃなかったけど、澄子さんが、すごくいやらしい体してるし、我慢できなくて・・・・」

「もういけない子ね、約束を破ったからには責任を取ってもらうから」
「え、責任って?」
「そうよ、せ・き・に・ん。大人なんだから罰よ」

私はビールをテーブルに置くと、亮くんの前に行き、バスタオルを取り、全裸になると、そのままベットに導き、濃厚なディープキスをして、第2ラウンドの開始です。

彼のペニスはすぐに反応して、私の下腹部に当たるんです。
私はそれを掴み、そのまま亮くんに馬乗りになり、騎乗位で腰を振り始めると、
「澄子さん、ちょ、ちょっと・・・・」
「あん、あん、あん、すごくいいわ、大きいっ」

彼のペニスは旦那のより、かなり大きく、でも子供を2人産んだ私のおまんこにはちょうどいい大きさで、私はまたたく間に2回目の絶頂を迎えていました。

結局その日は4回絶頂を感じました。
セックスがこんなに気持ちいいものかと思いました。

でも今では、亮くんとは、週に1回はセックスをしています。
そして来年こそは彼を司法試験に合格させ、りっぱな弁護士になってもらいたいと願いながら、私は絶頂を感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする