彼との初エッチ

誰かに話してみたかったので書きます。
ちょっと長いけど、読んでくだされば嬉しいです。

この前、初体験をしてしました。
私は17歳の学生、彼は23歳の社会人です。
お互い土日が休みなので、1~2週間に1回のペースで会っています。
初体験をしたとき、彼とは付き合ってまだ1ヶ月経っていなかったのですが、その前にも数回ホテルに行って、指を入れられたり舐められたりしていました。
彼のモノを手や口でイカせたこともあります。
それから先はしていなかったのですが、ある日、いっぱい一緒にいたいからホテルに泊まろうということになりました。
彼がなんとなく、「今日はしたい・・・」みたいなことを言っていたけど、次の日は朝早くから予定があったので、「明日は早いし、ちゃんと寝たいから、そういうことはしないでね!」と念を押しておきました。
でも、やはりそこは男の人ですね・・・。
いつものようにキスをされて、胸を触られて・・・。
乳首を弄られて、舐められて・・・。
とっても気持ちよくて、私もすごくエッチな気分になってしまいました。
そんなとき、彼は私にいたずらをしたくなったらしく、わき腹をくすぐってきました。
「あはは、やめてよ、くすぐったいよー」とか最初は言ってたんですが、その手がパンツに当たったときにちょっと感じてしまい、思わず、「あっ」と声を出してしまいました。
彼は笑いながら、「・・・エッチな声」と言いました。
彼の息がちょっと荒くて、(あ、興奮してるんだ・・・)と思いながら、小さな声で、「だ、だって・・・」と言うと、「可愛い」って言って、今度はパンツを指でするすると撫で回しました。

「あ・・・あぁっ、だめ・・・」
「だめ?・・・だめなの?」
「・・・だめじゃないけど・・・恥ずかしい・・・」
「俺だって恥ずかしいよ」
そう言って彼は笑うと、私の敏感な部分を刺激し始めました。
彼はあまりエッチをしたことがないらしいけど、すごく上手くて気持ちよくて、もう自分でもパンツの中がヌルヌルしているのが分かりました。
「あっ、あぁぁっ、だ、ダメ、気持ちよくなっちゃうよ・・・」
彼はそのままパンツの横から手を入れてきました。
指を入れられたことはあったので痛くはなかったけど、なんか変な感じでした。
気持ち悪くはないけど、良くもなくみたいな。
「すごい濡れてる・・・痛くない?」
「うん、痛くない・・・けど、なんか変な感じ・・・」
「こうすると気持ちいい?」
彼がそう言って指を動かすと、今まで感じたことのない快感が襲ってきました。
上から触られている刺激とはまた違う、気持ちいい感じ・・・。
思わず声がたくさん漏れてしまい、恥ずかしくて彼から顔を背けていると、頬とか耳とか色々な所にキスをされて・・・。
彼はハァハァと息を弾ませたまま、「キスしたい」と言うと、いきなり激しく舌を絡ませてきました。
「俺、キスするの好きなんだよね」と言っていた通り、何度も何度もしつこく、唾液をいっぱい出して舌を絡めてきました。
私もキスが好きなので、彼が離れようとすると自分からまたキスを求めて。
彼は最初は笑っていましたが、徐々に余裕がなくなったようで、ただ夢中でキスをしているだけでした。
中を激しく擦られて気持ちよくて、もう息ができないくらいになってきて、キスが苦しくなってきたので彼から顔を背けました。
「あっあっ、変な感じ、な、なんか気持ちいい・・・どうしよう、気持ちいいよ・・・。あぁん、はぁ・・・あぁー・・・んんっ・・・」
「いいよ、もっと気持ちよくなって・・・もっと声出して!」

彼はどんどん指を激しく動かします。
それが本当に気持ちよくて・・・。
興奮した彼のかすれた声を聞いてたら私も興奮してしまって、恥もなく叫んでしまいました。
「ああぁぁぁ!いや、だめっ、もうだめぇっ、あぁーっ、あぁぁっ!!」
イクという感覚はよくわからないけど、本当に気持ちよくてぐったりしてしまって・・・。
彼は、「俺で気持ちよくなってくれてありがとな」と言って頭を撫でてくれました。
(・・・それはいいけど、彼はまだ気持ちよくなってないんじゃ・・・?)
「ねぇ、まだ気持ちよくなってないよね・・・?いいの?」
「俺はいいんだよ」
私のほうが納得いかなかったので、キスをしたり首筋を舐めたり、乳首を吸ったりしてみました。
彼は反応が大きい人で、ちょっとするだけでもビクビクと震えるんで、面白くて何度もやってしまいました。
焦らすように何度も何度もしてから彼のパンツに触ってみると、すごく濡れていました。
私よりも濡れているんじゃないかと思うほど・・・。
「男の人でもこんなに濡れるんだねー」
そう言いながら上からしばらく触っていました。
そしてパンツを脱がせて手でしばらくしていると、彼は気持ち良さそうに声を出して、ハァハァと荒い息を出し始めました。
「気持ちいい・・・あっ、出ちゃうかも・・・」
彼がそう言ったので、最後は彼がして欲しいやり方でしてあげようと思って・・・。
「ね、どうしたい?どうして欲しい?」
最初に、「今日はしないでね」と言ってあったので、きっと手か口のどちらかを指定してくるだろうなぁと思っていたんです。
けれど彼は苦しそうに、「お前の中に挿れたい」と一言。
かなり驚きました。
彼のことは本当に好きだし、挿れられても良いとは思っていたのですが、(本当にこんなのが入るのかなぁ、やっぱり痛いのかなぁ)とか色々考えて、どうしていいのか分からず。
しばらく私が戸惑っていると・・・。
「挿れられるのは初めてなんだっけ?」
「う、うん・・・」
昔付き合っていた彼と途中まではしたことがあったのですが、挿れられるのは初めてでした。
「初めてか・・・じゃあ怖いよな・・・」
「怖いっていうか・・・本当に入るのかなとか色々考えたら不安で・・・」
「すごく痛かったらやめるから、少しだけ・・・いい?」
真剣な目でそう言われて嫌とも言えず、「・・・うん」と頷きました。
実は彼も今まで女性経験があまりないらしく、ぎこちない手つきでコンドームをつけていました。
そして私のパンツを脱がせ・・・るのかと思いきや、そのまま横にずらして自分のモノを宛てがいました。
ドキドキしていたので、(エッ、脱がせてくれないの?)と思いつつも、頭がボーっとしてしまい何も言えず・・・。
彼が何回か私のあそこに擦り付けて入り口を確認すると、ゆっくりと入ってきました。

(あぁ、なんか温かい・・・)
最初にじんわりとした痛みがきて、徐々にすごく痛くなってきて・・・。
最後に奥までずんっと突き上げられたときには、思わず痛くて声をあげてしまいました。
でも思ったより痛くはなかったかな。
もっと死にそうなくらい痛いと思ってたから。
そんなことを頭の隅で思いながら、(ああ、入っちゃった・・・)と実感。
「い、痛い・・・痛い~・・・」
消えそうな声で言うと、「大丈夫?痛い?やめる?」と息を荒くした彼が聞いてきました。
「ううん、やめないでいいよ・・・」
「じゃあ、しばらくこのままでいようか」
彼は息を吐くと、少しだけ体重をかけるようにして私の胸に頬をすり寄せてきました。
そして気持ち良さそうに、「あったかくて、すごい気持ちいい・・・」と。
「そう?よかった・・・」
私はまだ痛みが治まらないので、それしか言えず。
しばらくすると彼が、「そろそろ大丈夫?」と言ってきて。
痛みはそれほどなくなってきたので頷くと、彼はゆっくりと動き出しました。
彼は気持ち良さそうにハァハァと息をしていて、私もその姿を見ているうちに、まだ痛いので全然気持ちよくはないのですが、かなり興奮していました。
繋がった所からぐちゅぐちゅと音がしていました。
いつもは恥ずかしがって全然言ってくれないのに、「好きだ・・・」と言ってくれて、嬉しくて涙が出そうになりました。
彼の動きがちょっとずつ速くなってきました。
「あっあっ、気持ちいい・・・イキそう・・・」
そう言うと同時に動きを止めてしまう彼。
ゆっくり時間をかけてしてもらったので痛みは消えてきたのですが、今度は足が疲れてきました。
開きっぱなしの浮かせっぱなしだったから。
「疲れてきちゃった・・・」と言うと、彼はそこでやめてくれました。
結局そんな感じの初体験だったのですが、終わった後もしばらくはジンジンして痛かったです。
あと、ベッドに血が付くものだと思っていたのですが、意外と付かないんですね・・・。
でも、トイレでティッシュで拭いたとき、大量に血がついているのを見てかなりびっくりしました。
で、イカなかった彼に後で、「なんであそこで動きを止めちゃったの?イッても良かったんだよ?」と聞いてみると、「今まで付き合ってた子とした時もイッたことない。あんまり気持ちよすぎて、腰を動かすの躊躇しちゃう。そもそもした回数が少ないから腰の動かし方もよく分かんない」だそうです。
自分で言っていた通り本当にエッチ初心者らしいです。
ともかく大好きな彼と結ばれたのでとても嬉しかったです。
まだ初心者同士だから彼を喜ばせてはあげられないけど、これからもいいお付き合いをしていけたらいいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする