あびる優似のセフレに中出しの嵐

これはセフレと実際に合った過去の体験談です。

このセフレは名前をとりあえず「優子」にしておきます。

優子とは、以前の彼女でしたが、一度別れて、数年後 に再開し、お互いに彼女彼氏がいたのでセフレの関係になったのがきっかけでした。

優子は当時27才、どちらかと言うと「ヤリマン」の部類に入ります。

合コ ンが大好きで、かなりの男友達がいて、大学時代も常にセフレをキープして、一日に違う男とヤルような事もしばしば有るような女です。

体つきは、割と長身で 胸はCカップ位で乳首はデカ目、顔は「あびる優」に似ていると思います。

目がパッチリしている酒好きの言葉攻めに弱いドM女でした。

優子はお姉さんと一 緒に暮らしているので、優子の部屋には数回しか行った事が無く、いつもは自分の部屋でやりたい時に呼び出して、朝までヤリまくると言う感じで会っていまし た。

でも、ある日お姉さんが彼氏と旅行で何日か家に一人になると言う話を聞いて、「たまには違う所でやろうぜ」って事で、彼女の家に行きました。

とりあえ ず家に入った瞬間に下駄箱に手をつかせて、スカートの下からパンツをズリ下げて、生のチ○ポをぶち込みました。

優子:「ちょっとまっ、っ、やっ、ああ、ダメあっ、」

オレ:「何だよ、もう汁がタレてんじゃねーかよ。」

優子:「ウソだよ、あっあっ、タレて、あっ、ないっ、あーああ、ダ メっ、あん、いい、いいよ」

優子はかなりの感じ易い体で、一回のセックスで10回はイキます。

しかも犯される様な演出をすると、すぐにま○こをビショビ ショする女です。

優子:「あーダメ、イキそう、あっあっ、ねー、イッちゃう、あっダメ、イクーー、イクよ、あっあーーー」

体をビクンビクンさせてイキまし た。

すでにマ○汁は太ももまでビッチョリ垂れていました。

オレ:「勝手にイッてんじゃねーよ、変態女が」

優子:「ハァハァハァ、ごめんなさい、ハァハァ、 だってこんな所で、いきなり入れられたらヤバイよー」

優子:「ちょっ、まっ、あっあっ、イッたばっかで、あっあっ、やばっ、あっ、あん、やっ、ダメっ」

す ぐにまた、立ちバックのままガンガン犯しはじめました。

オレ:「何だよ汁が膝まで垂れてんじゃねーかよ、スケベな女だな」

優子:「やだっ、言わなっ、あっ あっ、あん、やん、どんどん出ちゃっ、あん、あっ、やっ、いい」

オレ:「ほらっ、このままネーちゃんの部屋行くぞ」

優子:「えっ、うそっ、ん、あっ、だめっ、ヤバいよ、ダメっ、あっああっ」

挿れたまま姉ちゃんの部屋に少しずつ移動しました。

そして、姉ちゃんのベッドに手をつかせて、また激しくパンパァンと腰を打ちつけました。

優子:「ちょっ、やばいっ、あっ あっ、おねーちゃんっ、バレるっ、あっ、イキそう、ねぇイッちゃうよ」

オレ:「あーー、やべー気持ちいいな、今度お前のねーちゃんとやらせろよ」

優子: 「やだっ、なんでっ、あん、あっ、私でいいじゃんっ、ねっ、ああ、あっ」

オレ:「ねーちゃんのまんこの方がゼッテー気持ちいいよ、あーー出そう、あー」

優 子:「あんっ、やばいよ、気持ちイイっ、ねーっ、おっきいから、あっあっ、イクっ、イクっ、あー、あーーー」

また、体を痙攣させてイキました。

この時は潮 を吹き散らしてイッてました。

オレ:「何だよ淫乱女、潮吹いてイッてんじゃねーよ」

優子:「あー、ハァハァ、出ちゃったよー、ハァハァ、気持ちイイ、やば いよー」

オレ:「これからこのチ○ポねーちゃんにだけイレッからな」

優子:「やー、なんでー、ねー、そんな事言わないでよー、あっ、やっ、まだ動かし ちゃっ、やんっ、あっ」

オレ:「あー、まぁどっちでもイイけど、中出しさせる方とやるわ」

優子:「えー、いいけどっ、あっ、今日はっ、あっあ!っ、だめっ、やばいから、あん、いい」

オレ:「あー?じゃぁもうやめるわ、抜いちゃお、やっぱねーちゃん犯すわ、あー」

優子:「やっ、待って、待って よー、やめないで、あっ、あん、あん、もっと突いてよー」

オレ:「じゃぁ中に出すぞーーー、あーーやべー」

優子:「あんっ、あっ、だめだよ、ねー、あ んっ、あっ、いい、ねー、気持ちイイ、やばいよ、あっ」

オレ:「あーー、もう知らねーよ、あーイク、イクぞ、出すぞ、あー、イク、イクっ」

優子:「あー、 やだっ、あっ、イクっ、私もっ、イクっ、やっ、出てる、出てるよ、あん、いい、いいよ」

かなりの量の精子を膣に注ぎ込んでやりました。

優子は膣が ぎゅーーーとなってビクンビクンしてねーちゃんのベッドに倒れこんで行きました。

すかさず仰向けにして口にチ○ポを突っ込んで掃除させました。

優子は無理 矢理のどの奥にチ○ポを入れられるのが大好きなエロ女なので、ぐいぐい突っ込んで掃除させました。

しばらくして落着くと、優子の彼氏からメールがあって、 これから家に来ると言うのです。

なんでも友達から借りたDVDを優子に又貸ししてるから、それを取りに来るだけですが・・・

彼女は本命の彼氏には汚い部屋を見られたく無いらしく、一度も彼氏は部屋に上げていないそうで
す。

だから彼氏は家まで来るが、DVDを持ってすぐに帰るって話で、オレは部屋に残って一緒にくつろいでいました。

1時間半位してからチャイムが鳴りました。

彼 氏が来たようで、優子はいそいそ入口に向かいました。

そしてなにやらイチャイチャした感じで、「ぜったい覗いちゃダメだからー!」とか「いいじゃん彼氏だ ぜ、見せろよー」みたいなやり取りをしていました。

その時までは何とも思っていませんでしたが、急にムラムラしてきて、「今すぐ生チ○ポで犯してやりた い!」と思ってしまいました。

すると彼女はDVDを取りに、オレのいる部屋に戻って来ました。

セックスした後だったので、ノーブラTシャツにノーパンホッ トパンツだけの格好だったので、すかさず後ろからおっぱいを鷲掴みにして乳首をころがしました。

優子:「ちょっ、やばいよっ、彼氏きてっ、あっ、ハァ ハァ、あん、だめっだっ、あん」と言いつつも優子のデカ目の乳首はコルクみたいに硬くなっていました。

オレ:「お前何だよ、乳首コリコリじゃねーかよ、す けべ女、彼氏きてんだろ?」

優子:「あんっ、ほんとヤバいよ、ねー、あん、あっ、やだ、いい」そのままホットパンツに手を突っ込んだら、乳首だけではなく、ドロドロしたまん汁でベチャベチャになっていました。

そしてクリトリスをすごい勢いで擦っていたら大量に潮を吹き散らしはじめました。

優子:「何こ れ、やばいよ、あー、あん、あん、あっ、イク、イク、ねーイッちゃう、あー、あん、ああ」

はじめて見る様な痙攣を起こしてイッてしまいました。

すぐにホッ トパンツをズリ下げて、生チンポをぶち込みました。

優子:「あんっ、やっ、だめ、ハァハァ、今は、あんっ、やばいからっ、ねー、あんっ、ああ、いいよ」

オ レ:「お前何だよ、ま○汁真っ白じゃねーかよ、あーあ、またケツの穴まで垂れてんじゃん」

優子:「やだ、聞こえちゃっ、言わないで、あんっ、ああ、あん、 あ、あ、あっ」

オレ:「おい、彼氏とどっちが気持ちイイかでけぇ声で言えよ、おらぁ」

優子:「だめ、言えないっ、聞こえっ、あん、ああっ、あっ、あっ、イ キそう、いいよ、ねー、イクっ」

オレ:「じゃもうお前のま○こは使わねーよ、あねきのま○こ使うわ」

優子:「だめっ、お願いっ、すぐイキそうなのっ、あ ん、あっ、ねー、やめちゃだめっ、ああ、あっ」

オレ:「じゃあ、どっちがいいか言えよ、何でいいのか全部言えよスケベ女がーうらぁ」

優子:「こっちがっ、一番ですっ、あっ、ハァハァ、おっきいからっ、いっ、やっ、すきですっ、あっ、気持ちイイ」

優子:「もうダメっ、あっ、あっ、イク、イクー、イッちゃう、あー、ああ、あっ」

オレ:「よーし、じゃあオレも出す ぞ、中で出してやるからな」

優子:「ハァハァ、ダメ、今日は、ハァハァ、ホントっ、ヤバイよ、ハァハァ、あん、あっ、あっ、いい、激しいよ」

オレ:「そん なの知らねーよ、あー、やべー、イクぞ、早く彼氏に謝れよ、変態女がよー」

優子:「だめっ、あんっ、ほんと、やばいっ、あん、や、ああ、あああ、あっ、 あっ、いい、またっ、イクっ」

オレ:「うるせーよ、あー、早く言えよ、あー、出すぞ、おらっ、イクぞ」

優子:「あっ、あっ、ごめんなさい、あっ、中にっ、 だっ、だされ、ますっ、ああ、イク、イク、イッちゃう」

優子:「あーーーー、もうどうでもいいっ、中に出してーーーーー、イクっ、イ クーーーーーーーーーーー」さっき出したはずなのに、また、恐ろしい量の精子が優子の膣に入って行きました。

優子はフラフラの体で、すぐにホットパンツを 履いて入口に向かいました。

セックスの最中も彼氏がドアを叩いて、「おーいっ、まだかよーーー」と叫んでいましたが、汗だくの優子を見て、「はぁ?何?ゲ リでもしてんの?」と、とんちんかんな質問をしていました。

優子も「ごめんトイレ行ってた!」と話を合わせていたので何とか無事だったみたいですが、オレはサイコーに興奮したセックスになって大満足でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする