可愛い我が子の父親はホームレス④

前編「可愛い我が子の父親はホームレス③」

前編「可愛い我が子の父親はホームレス②」 期間が空いてしまいましたが続きです・・・。 唖然とした表情で乳首に付い...

部屋の中・・・私はソファーに座った体勢で・・・醜悪な男達に囲まれていました・・・。

(どうしよう・・・来なければ良かった・・・こんな人達だったなんて・・・)

・・・この部屋に来たのは間違いでした・・まさかこんな男達が待っていたなんて思いもよりませんでした・・・。

更に・・・周囲・・・いえ部屋中・・もの凄い異臭がしました・・・。

(それに・・・凄い匂いっ・・・汗と加齢臭・・・そしてお酒かしら・・・)

男達の体型は肥満体系なので、もの凄く汗をかいており、更に年齢は40代後半〜50代前半ぐらいでしょうか・・・加齢臭が酷いです・・・。

そして、机に散らばっている、もの凄い量の空き瓶・・・・。

お酒の匂いも混じり、それはそれは吐き気を催す凄い臭いでした・・・。

(帰りたい・・・)

・・・そんな嫌がる私の事など気にもせず・・・男達は早速、私の身体を弄りはじめました・・・。

まず、後ろの男(A)が私の肩に腕を回し強引に抱き寄せました・・・。

A「・・・なぁ姉ちゃん・・・凄い乳しとるけど・・・何カップあんの?」

そう言いながら肩に回している手を胸元に伸ばし・・・オッパイを揉みしだいてきました・・・。

私「!?・・きゃっ・・止めっ・・・・んっっ・・・・」

続いて・・・・右の男(B)が太ももを撫でながら・・・。

B「・・・なぁ・・・パンツ見えてんで?・・・わざとやってるんか?・・・・・・」

座ったせいでスカートが捲れ上がってパンツが覗いていました・・・。

「・・・・!?・・・・やっ・・・やだ・・・・・」

私は直ぐに捲れ上がったスカートを元に戻そうと手を伸ばしました・・・。

しかし、Bは私の手を払いのけ・・・・太ももを撫でている手を秘部に伸ばし・・・・。

パンツの上から、強く指を押し付ける様にして、割れ目を擦ってきました・・・。

B「・・・うわっ!・・メッチャ湿ってるやんけっ!・・・姉ちゃん犯される気マンマンやな(笑)」

私「・・・・ぁんっ・・・違っ・・いますっ!・・・」

(・・・こんな人達に濡れるわけっ・・・あっ・・そうだわ・・・ここに来る前に濡れたんだわ・・そうよ・・きっと・・)

・・・こんな調子でしばらく・・・恥ずかしい部分を・・・2人がかりで強引に弄りまわされました・・・。

そんな中・・・左の男(C)は何をしていたかというと・・・。

私「!?」

C「これ高く売れんで(笑)・・・なんてったって・・・女優が、8頭身でスタイル抜群の美女やからなっ!」

私「いやっ・・・とっ・・・撮らないでっ!・・・・」

そんな私をビデオで撮影していました・・・。

・・・こんな姿を撮影されてしまっては・・・後で何をされるかわかりません・・・・。

(どっ・・・どうしようっ・・・)

そんな私の気持ちなど無視して、この男は

C「・・・この服・・・良いわ・・・よう似合ってるわ・・・」

私の今の恰好(キャミソールタイプでマイクロミニ丈のタイトワンピース)が相当気に入ったのか、大絶賛していました・・・。

私「だ・・めぇ・・・・んぁっ・・・・撮らな・・いでぇ・・・・」

C「姉ちゃんメチャクチャ良いオンナやから、いつも以上にやりすぎてしまうかもしれんわっ(笑)」

・・・そして・・・男達の私を弄る手は、更に激しさを増していきました・・・。

私は・・・男達の粗暴な風貌と性格に気押されているせいか、抵抗出来ず、されるがままでした・・・。

・・・筋肉質で逞しい男性たちに激しく壊れるまで犯されるなら構わないっ・・・そう思い・・・逃げずにここまで来ました・・・。

しかし・・・待っていたのは・・・生理的に受け付けない・・・肥満体で・・・いかにも金持ちな感じの粗暴で厭らしく醜い男達・・・。

(・・・どうしましょう・・・無理・・・無理だわっ・・・触られたくもないっ・・・でも抵抗したら・・・何されるか・・・)

そんな思いに耽って・・・ふと気が付けば・・・Aが唇が触れ合うか触れ合わないかの距離まで顔を近づけていました・・・。

そして・・・もの凄い口臭を放ちながら・・・。

(!?・・・いや・・・っ!!・・・うぅ・・・口・・・臭いっ・・・)

A「・・・近くで見れば見るほど・・・良いオンナやな・・・惚れ惚れするわ・・・。

・・・おっ!・・・指輪してるやん(笑)・・・姉ちゃん結婚してるんか!?」

(やだぁ・・・近くで見ればみるほど・・・不細工だわっ・・・)

私が人妻である事に興奮したのか・・・谷間の中に手を突っ込んで・・・・。

・・・ムニュゥゥゥッッ・・・・。

私「・・・きゃっ!!?・・・んぁっ・・・あぁっ・・・痛っ!・・あぁんっ!・・・」

直接・・・餅を捏ねる様にオッパイを揉みしだいてきました・・・。

A「ホンマ・・・・・・良う張った乳やな・・・旦那の奴が羨ましいわ・・・。

こんな綺麗な顔で・・ボンッキュッボンッな身体したのが嫁ってか?・・・腹立つわぁ・・・。

腹立つから・・・嫁のマ○コ・・・ビラビラのユルガバにして・・・ガキ仕込んだろ(笑)」

私「・・・駄・・目ですっ・・・あんっ!?・・・んんっ!!」

(やだっ・・・こんな人の赤ちゃんなんて・・・絶対に嫌っ!!・・・)

更に・・・胸元をずらしオッパイを露出させて・・・。

A「・・・・おっ!?・・・ピアス付いてるやんっ(笑)・・・綺麗な乳首してんのに・・・人は見かけによらんな(笑)

まぁ・・・そんな格好してる時点でヤリマン確定か(笑)」

・・・両乳首を摘んでコリコリしながら・・・。

私「・・・やんっ!!・・・ち・・・違いますっ・・・これは・・・・」

A「何が違うねんっ(笑)・・・まぁ、ええから・・・ほら・・・舌出せ・・・舌出せ・・・チュ〜しよっ!?・・・チュ〜〜〜」

口臭の漂うコテコテの分厚い唇で・・・・。

ブチュゥゥゥゥゥゥゥッッッ・・・。

ねっとりしたキスをしてきました・・・。

私「・・・!!?やっ!くさっ!!・・・んむぅぅぅぅっっっ!!!」

(臭いっ・・・臭いっ!・・・いやっ!・・・いやぁぁっ!・・・・)

ブチュルルゥゥゥ・・・ジュルジュルゥゥゥ・・・。

・・・キスは、しばらく続けられ・・・・、

私「んちゅうぅ・・・んむぅぅ・・・っっちゅぅぅっ・・・おぇぇっ・・んんんむぅぅぅぅっ・・・んっ・・・おえぇぇっ・・はぁぁぁぁっ!」

・・・その内、Aのキスが終わり解放されましたが・・・。

直ぐに・・・Bに抱き寄せられて・・・。

B「次はワシやっ!!!」

私「・・・やっ・・やだっ・・止めっ・・!?・・・んむむむぅぅぅっ・・・」

そう言って・・・相変わらず秘部の割れ目をパンツ越に撫でながら・・・口腔内を貪る様なキスをしてきました・・・・。

ジュルルゥゥゥゥ・・・・クチュルルル・・・・。

・・・そんな調子で身体中を弄られながら、しばらく男達からキスの押収を受けました・・・。

(・・・オェェェェッ・・・無理っ!・・無理よっ!!・・こんなのっ!!・・)

しばらく、キスの押収を受けている内に、私の口から唾液がドロドロと糸を引いて胸元に垂れていました・・・。

男達は、その粘り気のある激臭のする唾液を、私のオッパイを中心に身体中塗りたくってきました・・・。

(・・・もう嫌っ!・・・もう嫌ぁぁっ!!・・・臭いっ!!・・・あなた達臭いのよっ!!・・・。ちょっ・・・やだっ・・そんなの身体に塗らないでっ!!・・・)

私「んちゅるぅぅ・・・・んむぅぅっっ!!・・・んぶふぅぅぅっ!!・・・んぅぅぅっ!?」

私の身体が男達の唾液の臭いで満たされた頃・・・男達は次なる行動に移りました・・・。

・・・キスをしている男が・・・私の片足をソファーの上に持ち上げてきました・・・。

そして・・・脚を開いてパンツを横にずらしました・・・。

C「めっちゃ綺麗なマ○コやんけっ!!ピンク色やし・・綺麗なビラビラ付けて・・・」

A「・・・ん!?・・なぁ・・これ・・・毛、自分で整えてるんか?(笑)」

(や・・・やだっ!・・・見ないでっ!!・・・)

更に・・・。

C「なぁっ!!もっと良く見せろやっ!!・・・」

・・・もう片方の足もソファーの上に持ち上げられ・・・。

脚をM字開脚に固定され・・・秘部を完全に晒されました・・・。

私「・・・!!!!?・・・んむぅぅぅぅっ!!!」

(ちょっ・・・・やだぁぁぁぁぁっっ!!!)

生理的に受け付けない男達に、自分の秘部を晒されてしまい・・・。

私「・・・っっはぁぁぁぁっ!!・・・やだぁっ・・・ちょっとっ・・・止めてくださいっっっ!!!・・・」

思わず私はキスを止めて・・・声を荒げて抵抗しました・・・。

粗暴な男達が怖くて・・・されるがままでいましたが・・・。

・・・もう色々と我慢の限界でした・・・。

こんな生理的に受け付けない気持ち悪い男達に好き勝手されるぐらいなら・・・。

私「もうっ!・・・放してっ!!・・・放してくださいっ!!!・・・」

・・・・ここから出て行く・・・決めました!!!

私「あなた達みたいな醜い人達に、こんな事されても・・・・気持ち悪いだけなのよっ!!!」

(気持ち悪いは言い過ぎたかしら(笑)・・・でもホントに気持ち悪いのよね・・・この人達・・・)

・・・男達は手を止め・・・、

A「・・・姉ちゃん・・・何やって・・・?・・・よく聞こえんかったわ・・・もう一回言うてみ・・・」

私を睨みつけ・・・低い声で脅す様に言いました・・・。

しかし・・・私は怯みません・・・だって悪いのは向こうなんですから・・・。

一方的に私をレイプした、この男達が悪いんですから・・・。

私「・・・何度でも言わせてもらうわっ!!・・・気持ち悪いのよアナタ達っ!!・・・顔も体型も凄い醜くて・・・それに臭いし・・・生理的に無理なのよっ!!抵抗しない事を良い事に好き勝手してくれましたけど・・・レイプですからね!?立派な犯罪ですからねっ!!?・・・だって私・・合意してませんから(笑)そうだわっ・・・警察っ!!・・警察呼びますからっ!!!・・・うふふ・・・あなた達・・・み〜んな逮捕してもらいます・・・か・・ら!?」

・・・私が啖呵を切っていると・・・Aの手が・・・先ほどまで、後ろからオッパイを弄んでいた両手がいつの間にか秘部に伸びていました・・・。

そして・・・アソコの毛を撫でまわしながら・・・・。

A「・・・・ごめんなぁ・・・耳遠くてよう聞こえんわぁ・・・何やって?」

Aは、さらに低い声で再度私に問いかけました・・・。

アソコの毛を撫でまわすAに違和感を感じながらも私は構わず挑発する様に言い返しました・・・・。

私「・・・脂肪が耳に詰まってるんじゃないですか?(笑)・・・塀の中に入ったら少しは痩せてマシになるんじゃないかしら(笑)・・・。だ・か・ら・・逮捕してもらうのっ!・・・社会的に何もかも失わせてあげるんだから・・・うふふ・・・豚さん達・・・覚悟してくださ・・・・・!!!!??・・・・えっ!!?・・・」

ギュゥゥゥ・・・・・・・・。

私が喋り終わるぐらいの時・・・異変が起きました・・・。

Aが私の陰毛を無造作に掴みました・・・そして・・・・・・。

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ

私「!!!!!!!!!!!!?痛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっっ!!!」

・・・・・一瞬何が起きたか理解出来ませんでした・・・。

もの凄い痛みが私の秘部から発せられました・・・。

私「!!!!!!!!!!あ・・・あ・・・・・」

あまりの痛みに悶絶していると・・・。

・・・Aに・・・口の中に何かを入れられました・・・・。

・・・・・・何かの毛の束でした・・・・。

(・・・・・・・陰・・・・・毛・・・?・・)

・・・それは・・・無造作に引き抜かれた陰毛の束でした・・・。

更に・・・・Aは手を止める事なく・・・・。

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

陰毛を両手いっぱいに掴んで・・・・。

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

無造作に引き抜きました・・・。

私「!!!!!!!!?あっ!!あっっ!!あぁぁぁぁぁっ!!!!・・・止めて・・・もう止めてぇぇぇぇぇぇっっ!!!」

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

ブチブチブチィィィィィィィィィィィィィィッッッ!

私「痛ぁぁぁぁぁんっっ!!・・・すみ・・・すみませんでしたぁぁぁぁっっ!!!・・・お願いですから許しくださいっっっ!!!」

A「アカンっっ!!!!絶対許さんっっっ!!!」

あまりの痛さに懇願するもAは一向に聞き入れず・・・陰毛を抜き続けました・・・。

そして・・・・Aの気が済んで・・・手が止まった頃には・・・・。

・・・・・綺麗に揃えられていた陰毛は・・・無残な姿となってしまいました・・・。

私「・・・・・・・あっ・・・・あっ・・・・あっ・・・・・」

私は涙目になりながら・・・度重なる痛みに身体を震わせ・・・・。

所々が禿げて、不格好になった陰毛を見つめていました・・・。

(・・・・ひっ・・・・酷い・・・・・・・・・・)

・・・・しかし惨劇はまだ続き・・・・・。

A「ホンマ腹立つわ・・・何やねんっ!!・・この女っ!!・・・誰が豚じゃっ!・・・何が警察呼ぶじゃボケ!!!」

ビリィィィッッ!!

私「ひぃぃっっ!!」

そう言いながら・・・私のパンツを両手で掴み・・・強引に破り捨て・・・そして・・・机に置いてある器具を手に取り・・・・。

A「お前・・・もう綺麗な身体で帰れる思うなよ・・・覚悟せぇやっ!!!」

Aは・・・M字に開いたままのアソコのビラビラの片方を掴んで・・・引き千切る勢いで抓るように引っ張り伸ばしてきました・・・・。

グイィィィィィィィッッ!!!!

私「あっ・・・あぁぁぁぁっっ!!・・・痛あぁぁぁぁっ!!」

これだけでも・・・もの凄い激痛でしたが・・・更に・・・手にした器具を押し付けて・・・・・。

凄く・・・嫌な予感がしました・・・。

私「・・・だっ・・・・だめっっ!!・・・・嘘っっ!!・・やだっ!!・・それだけは堪忍してくださいっっ!!主人に何て言えば・・・それに・・・これから赤ちゃん産むのに・・・。すみませんっ!!本当にすみませんでしたっ!!何でもしますからっ!!お願いしますっ!お願いしますっっ!!堪忍してくださいっっ!!」

A「絶対許さんっ!!・・・女に産まれた事・・・後悔させたるからなっっ!!!」

私「お願いっ!!止めてっっ!!・・・駄目っ!嫌っっ!!嫌ぁぁぁぁぁっっ!!!」

A「・・・・・嫌じゃっ!!・・誰が止めるかボケっ!!・・・(笑)」

そして・・・・・・。

パチィィィィィィィンッッッ!!!

パチィィィィィィィンッッッ!!!

パチィィィィィィィンッッッ!!!

私「!!!?ひぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!!!!」

・・・・・更に・・・もう片方のビラビラも同じ様に・・・。

パチィィィィィィィンッッッ!!!

パチィィィィィィィンッッッ!!!

パチィィィィィィィンッッッ!!!

私「!!!!?痛ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」

そして・・・クリトリスを摘んで伸ばされて・・・・。

パチィィィィィィィンッッッ!!!

私「!!!!!??あっっっっはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっっ!!!!!!!!!!」

ホントに一瞬の出来事でした・・・・・・・・計7回

これまでに味わった事の無い激痛、そして激痛に近い快感が秘部を襲いました・・・。

私は・・・痛みと快感に絶叫しながら・・・身体を盛大に仰け反らせていました・・・。

そして、あまりのショックに・・・身体を何度もビクつかせながら・・・。

ジョロロロロロロロロロロロ・・・・・。

脚をM字に開いた恥ずかしい状態にも関わらず・・・オシッコを勢いよく漏らしてしまいました・・・・。

オシッコが止んでも痛みは治らず・・・しばらくは放心状態でヒクヒクと腰をビクつかせていました・・・。

そんな私を尻目に、Aはアソコを厭らしい顔で弄っていました・・・。

・・・しばらくして痛みが治まり始めた頃・・・私のアソコからAの手が離れ・・・男達からM字に固定されていた脚も解放されました・・・。

痛みに疲れきった・・・力の抜けた私の身体は自然と脚が下りていき・・・ソファーの上で女の子座りをする体勢になりました・・・。

すると・・・・・・。

ジャラ・・・ジャラ・・・ジャラ・・・。

「・・・!?・・・んぁっっ!!・・・」

私のアソコがソファーに擦れた時に・・・ジャラジャラと音が鳴りました・・・。

同時に・・・アソコからくる得体の知れない違和感・・・そしてクリトリスの快楽・・・。

(・・・えっ!?・・・えっ!?・・・嘘っ!!・・・嘘・・・よねっ!?・・・)

自分の秘部が、どうなっているのか・・・薄々理解しました・・・。

だって・・・さっきから凄い違和感をアソコから感じるんです・・・。

特にクリトリス・・・何もしてないのに・・・もの凄く気持ち良いんです・・・。

信じたくない・・・どうか夢であって欲しい・・・そう思いながら秘部に目をやりました・・・。

「・・・・やだ・・・やだ・・・!!!!!??いやぁぁぁぁぁっっ!!!・・・こっ・・・こんなのっ!・・・こんなの・・・あんまりじゃないっっ!!!・・・」

・・・・私のアソコ・・・もの凄い事になっていました・・・・。

思わず叫んでしまう程に・・・。

・・・ピアスが付けられていました・・・。

ビラビラに・・・片方3つずつ・・・そしてクリトリスに1つ・・・しかも太くて大きいリングのを・・計7つも・・・。

・・・私は絶望的な表情で・・・変わり果てた秘部見つめていました・・・。

A「・・・なぁ・・・どうする?・・・もう誰にも・・・旦那に見せれんのう(笑)・・・」

(・・・こっ・・・この人達っ・・・本当にヤバい人達だったんだ・・・)

こういった行為を平然と躊躇なくやってのける・・・この男達・・・相当ヤバいです・・・。

男達の卑劣で残酷な行為に私は完全に恐怖していました・・・。

本当に何故あの時に逃げなかったのでしょうか・・・。

そして・・・ここに来てしまった事を・・・。

いえ・・・あのサイトに自ら応募し・・・今に至ってしまった自分の行いに後悔しました・・・。

溜まりに溜まった性欲は、すっかり無くなり・・・冷静になった影響からか・・・。

私の最低な行為がフィードバックして・・・主人への罪悪感が沸々と湧いてきました・・・。

主人が居るのに・・・自ら望んで逞しい男性達とSEXしてしまった・・・子を身籠ろうとしてしまった・・・。

さらに・・・指輪と共にアナタを捨てて・・・自分好みの男性の伴侶になろうとまでした・・・。

(アナタ・・・ごめんなさい・・・本当に・・・本当にごめんなさい・・・)

最愛の大好きな旦那が居るにも関わらず・・・性欲に負けてしまった駄目な私・・・。

きっとこれは・・・神様が最低な私へ与えた罰なんだわ・・・。

・・・・私は・・・今までの行いに懺悔しました・・・。

A「おいっ・・・何ボケっとしとんじゃっ!!・・・はよチ○ポしゃぶれやっ!!!」

私「!!!!!??」

・・・・腐った魚の様な・・・生臭い激臭に・・・私は現実に引き戻されました・・・・。

ビチィッ!!ビチィッ!!ビチィッ!!

私が主人への懺悔へ浸っている間に・・・男達はパンツを脱ぎ捨て自分のイチモツを晒していました・・・。

更に・・・イチモツで私の頭をベチベチ叩いてきました・・・。

A「おらっ!!・・・しゃぶれやっっ!!!!」

そして私の頭を掴み強引に咥えさせようとしてきました・・・。

目の前にAの勃起したモノが来る体勢となりました・・・。

(!!!!!??・・・ひぃぃぃぃ!!!何・・・これ・・・)

牛乳瓶みたいな・・・人の手首ほどある超特大チ○ポでした・・・。

更に男のチ○ポは所々丸いブツブツがあり、異形の姿をしておりました・・・。

そして・・・そんな異形のチ○ポには垢がベッタリと張り付いており、

こってりとした我慢汁がとめどなく流れていました・・・。

「・・・・嘘・・・これ・・・だ・・駄目・・・駄目ですっ・・・こんなの絶対駄目ですっっ!!・・」

(・・・これ・・・私のアソコに挿入れちゃうの・・・?・・・こ・・・壊れちゃうっ!!・・・アソコ・・・破壊されちゃうっっ!!)

A「凄いやろワシ等のチ○コ・・・金払ってシリコンボールとか入れてメチャクチャしてんけど・・・ちょっとやりすぎたわ(笑)」

B「最初はみんな嫌がるんやけど・・・その内な・・・狂った様に腰振って涎垂らしながら煩いぐらい喘ぎよるわ(笑)」

C「でも・・・どんな締まりいい綺麗なマ○コでも・・・マン筋切れて・・・もう一生使えんやろってぐらいユルユルになるからな(笑)」

A「まぁガキ産むんやし・・・ちょうど良いやろ(笑)」

(・・・・・・・・・・)

もう・・・こんなのを見せられると・・・未来の私の姿を何度想像しても・・・絶望的な結果にしかなりませんでした・・・。

孕まされて、みっともなく大きくなったお腹・・・。

一生使い物にならないぐらいガバガバにされ・・・そしてピアス付きのビラビラが伸び切り黒く変色した醜いアソコ・・・。

私は・・・もの凄い異臭に嘔吐しそうになりながらも・・・その確かな未来の元凶となる異形なモノをマジマジと見つめていました・・・。

心の中は絶望感と恐怖でいっぱいでした・・・・。

ジョロロロロロロロロロロロ・・・・・。

その場で失禁してしまう程に・・・・。

A「・・・!!!?・・・こいつ・・また漏らしよったわっっ!!!」

そんな私にAは耐えかね・・・。

A「・・・・・・はぁ・・・もういいわ・・・・・・」

そう言われて私は髪の毛を無造作に掴まれました・・・。

私「・・・・!!?痛っ・・・あぁ・・・」

そしてキングサイズのベッドに連れていかれ・・・。

ドサッ・・・ギシィィッ・・・。

ベッドの上に無造作に放り捨てられました・・・。

男達もベッドに上がり私を取り囲みました・・・。

私「・・・いっ・・いやっ・・・」

逃げ腰でいると・・・男達に捕まえられて・・・・。

ビリィィイィッッ

私「いやぁぁぁぁぁっっ!!!」

服を強引に破られ・・・レースのストッキングのみを履いた状態に剥されました・・・。

B「エロいわ・・・あんたエロい身体しすぎやわ・・・」

私の裸体を見て・・・男達は興奮しているのか・・・先ほどよりもアソコのサイズが一回り太くなっていました

・・・もう人間のサイズを遥かに超えています・・・・。

そんな化け物サイズの代物をぶら下げたAが私にのしかかってきました・・・。

更にチ○ポをアソコの入口に当て・・・チ○ポを上下させて・・・溢れ出ている我慢汁を、私の秘部に塗りたくってきました・・・。

(・・・・!!!!!!???・・・やだっっ!!挿入れられちゃうっっっ!!!!)

「いやっ!・・・嫌あぁぁぁっっ!!・・挿入れちゃ駄目っ!!・・・挿入れちゃ駄目ぇっっっ!!!・・・」

逃げようにもBとCに両腕を掴まれており・・・更に両脚はガッチリと・・・M字開脚に固定されている為逃げる事など絶対に出来ません・・・。

A「おまえ・・・もういい加減黙っとけやっ!!!」

そう言いながらクリトリスに付いているピアスを強い力で引っ張ってきました・・・。

ギュウウゥゥゥゥゥゥッッッ!

私「んんんんんんぁぁぁぁぁぁっっ!!!やっはぁぁぁぁぁん!!・・千切れちゃうぅっ!・・引っ張っちゃっ!・・だめぇぇぇっっ!!!」

何とも言えない痛みと快感がクリトリスを襲いました・・・。

A「・・・私の汚くて臭いマ○コを・・・A様の逞しいチ○ポでガバガバにして孕まして下さい・・・って言うたら止めたるわ(笑)・・・言わんかったら・・・このまま引き千切るで!?」

私「・・・んぁっっ!!・・・誰・・が・・・アナタ達みたいな人達に・・・あぁんっっ!!・・・言うもん・・・です・・かっっ!!・・・」

(・・・・何がA様よっ!!・・・)

・・・・あれだけ酷い行為を受けながらも私は未だに反抗的な態度を取っていました・・・。

それ程までに嫌でした・・・・この男達とSEX(子作り)するのは・・・。

・・・しかし・・・・。

A「おい・・・お前・・・ホンマええ加減にせえよ・・・!!!・・・オラっっっ!!!」

バチィィィィィィッッッ!

私「!?・・・きゃんっっ!!」

バチィィィィィィッッッ

私「痛あっっ!!!」

バチィィィィィィッッッ

・・・未だに反抗的な態度を取る私にAは更に逆上し・・・私の頬を何度も・・・何度も平手打ちしてきました・・・・。

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

私「・・・・・止めてっっ!!」

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

私「・・いやっ!・・止めてぇっ!!・・止めてくださいっっ!!」

(・・・・何で私が・・・こんな目に・・・自業自得とはいえ・・・これは酷い・・・あんまりだわ・・・)

A「オラっ!!このクソ女がっ!!ホンマ腹立つ腹立つぅぅぅっっ!!!」

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

私「うっ・・・もう嫌・・・もう嫌ぁぁぁぁぁっっ!!!うぅ・・うぅ・・・」

A「泣いたら済む思てんのが・・また腹立つわっっ!!」

バチィィィィィィッッッ

バチィィィィィィッッッ

私「・・・・ひぐっ・・・うぅぅ・・・言うこと聞きますから・・・止めてください・・・お願いします・・・お願いします・・・・・」

・・・・男達から受けた度重なる酷い行為が積み重なり・・・・・・ついに・・・・遂に私の心が折れてしまいました・・・。

A「じゃあ今からワシにどうされたいんや・・・?・・・・言うてみろやぁっっっ!!!!」

私「!!!?・・・ひぃっ!!!・・・わ・・・私の臭くて汚いオマ○コ・・・・A様の逞しいチ○ポで・・・うぅ・・・ガバガバに・・・してくださいっっっ!!!」

A「・・・・それだけかぁぁぁっっ!!!まだ言うことあるんちゃうんか!!!?」

私「・・・・・・・・・・・・・・妊娠・・・させて・・・ください・・・」

A「おいC!・・・今のバッチリ撮ったなっっ!!録音したなっっ!!?」

C「バッチリやで!!これで合法なるわっっ!!!」

A「・・・よっしゃっっ!!・・・ほな望み通りガキ仕込んだろか・・・・」

私「嫌・・・嫌・・・・嫌ぁぁぁぁぁ・・・・アナタぁ・・・ごめんなさい・・・私・・・私・・・うぅ・・・」

泣き叫ぶ私など無視して・・・・左右からBとCが・・・ビラビラに付いているピアスの輪に指を絡ませ・・・・グパァァァァ・・・・・。

私「・・・・!!!!!?・・・ひぎぃぃぃぃっっっ!!!うぅ・・・痛い・・・痛いぃっっ!!!・・・」

・・・オマ○コを・・・これでもかというぐらい・・・強引に拡げてきました・・・。

ギチギチ・・・・・。

A「・・・・・・じゅるじゅるっ・・・じゅるうぅぅぅ・・・・」

Aは粘り気のある大量の唾液を吐き出し・・・自分のチ○ポと私のオマ○コに擦り付けました・・・。

そして・・・お互いの秘部が糸が引くぐらいヌルヌルのベチョベチョになりました・・・。

A「・・・言い忘れとったわ・・・お前・・・アイツ等に結構射精されたみたいやけど・・・孕まんからな!?アイツ等・・・女犯すんは良いけど、ビビりで責任取りたない言うて・・・全員パイプカットしてるから種無しやねん(笑)・・・アンタ良かったな!?これで心置きなくワシ等のガキ孕めんでっ!?」

(・・・・・え!?・・・あの人達・・・種無しなの・・・?・・・赤ちゃん・・・出来な・・・い・・・?)

・・・実は・・・主人に対して、これまでの事を反省しながらも・・・。

(そういえば・・・この人達に射精されても意味ないんですよね(笑)だって・・・あの素敵な人達に溢れるぐらい種付けされたんですから・・・今日は排卵日ですし・・・妊娠確実です!!・・・次はアナタの赤ちゃん・・・ちゃんと産みますから・・・うふふ・・・だから托卵許してくださいね・・・ア・ナ・タ♡)

みたいな最低な事を考えていたんです・・・。

・・・主人には本当に申し訳ないですが・・・今の私は、その最低な考えすら最後の希望でした・・・。

しかし・・・その最後の希望も・・・無くなりました・・・。

A「ワシ等は・・・もちろん種アリアリやからなっっ!!!?・・・これまで犯した女・・・みんな孕んでワシ等のガキ産みよったで(笑)・・・そういや人妻も・・・ぎょーさん孕ましたわ(笑)・・・そうそう・・・アンタみたいな腹立つ女も何人かおってな・・・・。そういう奴は旦那呼び出してボコボコにして・・・ボコボコにされて泣きながら土下座してる旦那の目の前で腹ボテるまで犯したんねん(笑)・・・普通やったら大問題やけど・・・全部金で揉み消すから知らんわ(笑)」

そう言いながら・・・私の拡げられたオマ○コに化け物チ○ポを当てました・・・。

私「・・・・・・」

(・・・・・あぁ・・・・もう・・・駄目なんだ・・・私・・・)

私は・・・すっかり希望を無くし・・・死んだ魚の様な目で天井を見つめていました・・・。

そしてついに・・・・。

「オラっ!!!ガバマンデビューやでっ!!」

そう言いながら・・・私のオマ○コに化け物チ○ポを無理やりねじ込んできました・・・。

ギチギチ・・・ズブゥゥゥ・・・ボリュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ!!!

私「!!??・・あはぁぁぁんっっ!!・・・んあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!!」

ギチギチブチブチブチュルルゥゥゥゥゥゥッッッ

私「んぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!?・・・痛ぁぁぁぁっっ・・・駄目っっ!!・・こんなのぉぉっっ!!!・・無理いぃぃぃぃっっっ!!!」

・・・いくら赤ちゃんを産む場所とはいえ・・・無理なものは無理なんですっっ!!

今まで味わった何よりも激しい痛みでした・・・膣を引き裂かれる感じ・・・。

A「・・・その痛がる顔良いわぁ・・・その顔見てたら腹立つの収まってきたわ(笑)・・・じゃあ・・一気にいくでっっ!!!オラぁッッ!!」

ミチミチミチブリュブチュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ・・・・・・・ズンッッッッ・・・・ゴツッ・・・・。

私「!!!!!!!!?おっきいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっっ!!!!!!・・・奥くうぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!!・・・くあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっっっ!!!!!!」

・・・・体重を乗せて・・・一気に奥の奥まで挿入れられて・・・・排卵日の子宮の入り口をガッチリと固定されました・・・。

とうとう・・・化け物サイズのチ○ポを・・・。

オマ○コの奥の奥まで挿入れられてしまいました・・・・。

私「あ・・・あぁ・・・・・ぁぁぁ・・」

A「・・・なぁ見てみ?マ○コ凄い事なってんで!?(笑)」

そう言われながら身体を起こされ・・・化け物チ○ポが挿入されているオマ○コを、無理やり見せられました・・・。

私「!!!!!!?・・・・うぅぅ・・・酷い・・・酷い・・・酷すぎる・・・・」

・・・・BとCは相変わらず私の脚をM字に固定しながら、オマ○コのピアスに指を絡ませて・・・ビラビラを引っ張り伸ばしていました・・・。

Aのチ○ポが挿入れられた所為か膣肉が捲れあがっており、明らかに以前よりもビラビラが数センチ程伸びていました・・・。

膣もパックリと男のチ○ポに合わせて拡がっていました・・・。

挿入れられただけだというのに・・・確実に・・・私のオマ○コは醜く汚くなっていました・・・。

(・・・・・・挿入れられただけなのに・・・オマ○コ・・・こんなになっちゃった・・・)

A「・・・これで酷い言うてたらアカンで?・・・こんなん序の口やで!?(笑)」

・・・自分のオマ○コを見て唖然としている私に・・・そんな絶望的な事をサラッと言いながら

ギシィィィッッッ!!!

再び私を乱暴に寝かせてきました・・・。

そして・・・大きな手で腰をガッチリ掴み・・・・

A「アカンわ・・・アンタのボケッとした顔見てたら・・・また腹立ってきたわっっ!!!・・・あぁ〜腹立つっっ!!・・・この女・・・無茶苦茶にしたるっっ!!!・・・絶対ワシのガキ孕ましたるっっ!!!」

Aは腰を引き・・・・。

ヌプゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・・・。

そして直ぐに・・・勢いよく腰を打ち付け・・・。

ズブブブリュゥゥゥゥゥッッッ・・・・・。

私「!!!!!!???あはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんんっっっ!!!」

グチュッッ!!パンッッ!!ズリュッッ!!パンッッ!!パンッッ!!パンッッ!!グボォッッ!!

ズブッッ!!!グチュッッ!!パンッッ!!パンッッ!!パンッッ!!ズッ!!グチュッ!!ズッ!!パンッ!!パンッ!!

ズンッ!!ズブッ!!ブリュッ!!パンッ!!パンッ!!ズチュッ!!グチュッ!!ズッ!!パンッ!!パンッ!!ズンッ!!

ズブッ!!ブリュッ!!パンッ!!パンッ!!・・・・・。

ついに・・・ついに・・・生理的に受け付けない、この醜い男達との命を育む行為が始まりました・・・。

・・・・この時の私は・・可能性が大いに有るにしても・・・まだ確信していませんでした・・・・・・・。

これから始まる行為で・・・私のアソコは・・・・ビラビラが伸び切り、ドス黒く変色してしまったピアスだらけの醜いアソコになってしまう事を・・・。

膣と、お尻の穴は・・・肉洞が出来るまで徹底的に犯され・・・腕が簡単に入る程・・・ユルユルにされてしまう事を・・・。

そんな残酷な仕打ちを受けた結果・・・この醜い男達の精で・・・孕んでしまう事を・・・。

・・・・そして・・・次に家の玄関の扉を開ける時・・・みっともなく大きく膨れたお腹になっている事を・・・。

この時の私は・・・まだ信じていませんでした・・・。

期間があいてしまい申し訳ございません。続きです・・・。

しばらく容赦無い無慈悲なピストンを続けられました・・・。

ズンッ!!ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ボリュッ!!

私「あんっっ!!駄目ぇっ痛んんんぅぅぅっっ!!・・・壊れるっオマ○コ壊れるぅぅっ!!」

ズンッ!!ズブッ!!ズチュッ!!ボリュッ!!パンッ!!パンッ!!

私「お・・お願いしますっ・・ホントに無理ですからぁっっ!!痛いっ!痛いぃぃっっ!!」

ズンッ!!ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ボリュッ!!

私「死んじゃいますっ!!死んじゃいますからぁぁっっ!!!」

A「うるさいわっっ!!死ねやっ!!!クソがっっ!!!」

ズンッ!!ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ボリュッ!!

私「んんんんんんんんっっっ!!!・・・嫌ぁぁぁぁぁっっ!!!・・・」

・・・本当に容赦ありません・・・滅茶苦茶です・・・。

痛みに耐える事・・・5分、10分、20分、30分・・・。

化け物サイズのチ○ポにあわせて・・・どんどん膣が拡がっていくのが実感出来ました・・・。

そして・・・更に1時間ほど経った頃でしょうか。

A「なぁ・・・アンタのマ○コめっちゃ気持ちええな!最初キツキツやったけど、今丁度ようなったわ!」

ズチュッ!!ブチュッ!!グチュッ!!パンッ!!パンッ!!パンッ!!

私「あっ!!あんっ!!んっ!!んぁっ!!嫌ぁ・・これ以上拡げちゃ・・あはぁんっっ!!・」

A「アンタ・・・何か気持ち良さそうやな(笑)ワシも気持ち良いわ・・・さっきから我慢汁止まれへんわ・・・」

私「あんっっ!!・・駄目っ・・駄目ぇっ・・我慢汁ぅ・・赤ちゃん・・出来ちゃうっ!!!」

Aのチ○ポからは止めどなく我慢汁が放出されているのか。

ピストンを受ける度に、何かローションの様なネバネバしたモノが膣から垂れるのを感じました。

更に・・・垂れているのは我慢汁だけではありませんでした・・・。

A「アンタ感じてるやろ!?スケベ汁・・・ドバドバ出てるで?」

ズブゥッ!!ズチュッ!!グチュッ!!パンッ!!パンッ!!パンッ!!

私「あんっ!!んっ!!ぁあっ!!あんっ!!んっ!!んぁっ!違いますっっ!」

(・・・駄目っ・・凄い・・凄すぎるっ・・こんなの耐えられないっ!!・・・)

B「良う言うなアンタ(笑)汚いマ○コして・・・突かれる度にビクビクしてるのに(笑)」

そう言いながら・・・。

アソコとビラビラを拡げる為に掴んでいたピアスから手を放し・・・。

自らのチ○ポを私の口元に持ってきました・・・。

片手でオッパイを鷲掴みにし、もう片方の手で髪の毛を乱暴に掴んで・・・。

B「しゃぶれや・・・噛んだりしたら歯全部叩き折るでっ!?」

そう冷たく言った途端・・・。

私「!?んむぅぅぅぅっっ!!」

牛乳瓶みたいなチ○ポを無理やり口腔内に挿れられました・・・。

B「直ぐケツにブチ込んだるからなっ!!ちゃんとしゃぶっとかんと痛いのアンタやで!?」

・・・信じられない事に、このサイズのチ○ポがこの後、お尻に挿れられるみたいです・・・。

(・・・・嫌っっ!!!!)

私「!!!?・・んちゅるぅぅ!!んんむんんんっっっ!!!んむぅぅぅぅぅっっ!!お願い・・・お口に・・んむぅぅっっ!!・・射精して下さい・・・んむちゅるるっっ!!全部・・・ちゅるぅぅぅぅ!!んむむむぅっっ!!飲みますからぁっっ!!」

(挿入れられる前に射精さないとっ・・・)

私は顎が外れそうになりながらも、射精を促す為に必死に・・・必死に咥えました・・・。

ズチュッ!!ジュポジュポッッ!!パンッ!!パンッ!!

私「んむぅっ!!んんっ!!お願いですからぁ・・・あんっっ!!お尻だけは堪忍して下さ・・・んむぅぅぅぅぅっっ!!」

アソコをガンガン突かれ・・・快楽に抗いながらも・・・必死に咥えました・・・。

すると・・・、

B「・・・お!?・・・ちょっと射精てもうたわ(笑)アンタ舐めるの滅茶苦茶上手いな(笑)」

ジュポジュポ・・・ドクッドクッ・・・。

私(!!?・・・射精た!?・・・やったわ・・あと少しっっ!!・・・それにしても・・・やだ・・これ・・駄目な精子・・受精する精子だ・・・。ちょびっとなのに・・・濃厚で喉に絡みついて飲み込めない・・・それに凄い匂い・・・)

逃れられない・・・確実な未来・・・。

私は主人以外の子を・・・しかも・・あろう事か、こんな醜悪な男達の子を身籠ってしまうという究極の背徳感に身を震わせ恐怖しました・・・。

しかし今日一日で開発し尽された私の身体・・そして・・雌の本能は男の精液を少量飲んだだけで、この醜悪な男達を強い雄として認めてしまったみたいです・・・。

すっかり拡げられ、化け物サイズのチ○ポを卑猥な音をたてながら咥え込んでいるオマ○コから愛液が止めどなく溢れ、更に子宮が熱くなるのを感じました・・・。

・・・もう身体は準備万端でした。

そして心も・・・。

ズブゥッ!!ズチュッ!!グチュッ!!パンッ!!パンッ!!パンッ!!

私「んんっ!!あんっ!!やんっっ!!あはぁんっっ!!んぁぁっ!!」

(やだっ・・・こんなに・・・腰動いてる・・・)気が付けば腰が動いていました・・・。

いえ・・・押し付けていました・・射精を促す様に・・・。

ズブゥッ!!ズチュッ!!グチュッ!!パンッ!!パンッ!!パンッ!!

私「あんっ!!良いっ!!良いっ!!・・・もっと・・・もっと突いて下さいっ!!!」

私(駄目・・・抗えない・・・今射精されたら・・・出来ちゃうのに・・・)ズブゥッ!!ズチュッ!!グチュッ!!パンッ!!パンッ!!パンッ!!

(・・・・駄目・・・・アナタぁ・・・私・・・もう駄目・・・)堕ちてしまう一歩手前の私の状態を見て何かを察したのか・・・。

それとも・・・そろそろ子孫を残す行為に移るのか・・・・。

ニヤニヤと笑いながら、Aはグローブの様な大きな手で私の腰を掴み・・・。

一度チ○ポを引き抜く様に腰を引き・・・・。

そして・・・・。

ズブブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!

私「!!!!!!?んはぁぁぁぁぁぁぁぁんっっ♡」

(奥ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・駄目ぇぇぇぇ♡)

奥の奥まで一気に挿れ・・・私の理性に止めをさしました・・・・・。

そして丸々と太った巨体からは考えられない様な超高速の激しく重いピストン運動を開始しました・・・。

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

私「あんっ!♡あんっ!♡あんっ!♡凄いっ!♡良いっ!♡気持ち良いっ!!♡」

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

A「なぁ・・そろそろ射精そうやわ・・・これ・・・何処に射精して欲しいんや!?」

私「あぁんっ!・・・奥ぅぅぅぅっ!・・・一番奥に射精して下さいっっ!!!♡」

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

A「・・・じゃあ・・お前はワシのオンナじゃ!!!旦那捨ててワシのオンナになるんや!!!・・・良いなっ!!!」

私「んんっっ!!♡はいぃぃっっ!!♡アナタのオンナにして下さいっっ!!」

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

A「・・・じゃあ・・・中に射精すぞ・・・ホンマ良えねんな!?」

私「あっ♡あぁんっっ!!♡あんっ♡良いっ♡・・・精子射精してぇっ♡・・・。赤ちゃん出来ても良いですからぁ!!♡・・・中にぶちまけてぇぇぇぇぇぇっ!!!♡」

・・・ついに・・・完全に堕ちてしまい・・・。

アへ顔になりながら中出しを懇願してしまいました。

そして・・・・、

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

A「ううぉ・・・射精る・・・射精るぅぅぅぅっっっ!!!」

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!ドクドクドクドビュゥゥゥゥゥゥゥゥドクドクビュルルルルルルル・・・。

私「!!!!!!!!!!!???あはぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっ♡!!!凄い精子射精てるぅぅぅぅ♡・・・凄い子宮に入ってイクイクイグぅぅぅぅぅぅぅぅぅんっっ♡!!!」

異形のチ○ポから放たれる精液もまた異形で、ホースの水の様な勢いで止まる事無く精液が子宮に放たれていました・・・。

ビクビクビクビクッッビクビクビクビクッッドビュルルルルゥゥゥゥゥ!

私「溢れてるぅぅ♡・・・赤ちゃんの種溢れてるぅぅっっ♡!!!」

精液の量は膣と子宮の許容範囲を余裕で超えており、山芋の様な精子が膣外にドロドロと溢れ出て、太ももからお尻に流れていきました・・・・。

ビクビクビクビクッッビクビクビクビクッッドビュルルルルゥゥゥゥゥ・・・・・・・・・・・・・・ゴポゴポゴポ・・・・。

もの凄い量の精子が排卵中の卵子目がけて子宮を泳ぎ回っている事でしょう・・・。

気のせいか・・・その内受精の合図の様な音が子宮から聞こえました。

「・・・・・・んん♡・・・赤・・・ちゃん♡」

私は盛大に果てながら、だらしなくアへ顔を晒しながら受精させたのにもかかわらず一向に止まる気配のない射精を受け入れていました・・・。

ドクドクビュルルルルルルル・・・パンッパンッパンッ!!ズチュッ!ズブゥッ!!・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

私「♡・・・まだ射精てるぅっっ!!・・・全然治まらないっ!!・・・チンチンおっきぃっ!♡・・・!!!!?・・・あんっ!!?んんぁっ!!あはぁんっっ!射精たばかりなのにぃっっ!!♡まだ射精てるのにぃっっ!!♡・・・逞しぃぃっっ!!♡・・・良いっ!良いのぉっっ!!♡あぁんっっ!!んんっっ!!あはんっっ!!♡・・・Aさん好きぃぃぃぃっっ!!♡孕みますからぁっ!!♡アナタの子供孕みますからぁっ!!♡もっと私を狂わせてぇぇっっ!!♡」

・・・Aさんは射精中にも関わらず・・・一向に収まる事がない勃起したチ○ポで精液がパンパンに詰まっているオマ○コをガンガン突いてきました・・・

・・・Aさんの100%子孫を残す為の力強い性行為に、とてつもない雄を感じてしまい、私は完全に、Aさんの子を宿す事を求める雌に成り果ててしまいました・・・

あの最初の様な生理的に受け付けない事なんて嘘の様にAさんの首に手を回し・・・脚を腰に巻き付けて恍惚の表情でAさんに抱き付いていました・・・

ドクドクビュルルルルルルル・・・パンッパンッパンッ!!ズチュッ!ズブゥッ!!・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

Aさん「・・・アンタどエロいなぁ(笑)・・・最初ホンマ生意気で・・腹立つから殺したろおもたけど・・・めっちゃ美人でスタイル良くて・・・おまけにエロエロで・・・ホンマ気に入ったわ(笑)・・・もうアンタはワシ等のオンナやっっ!!・・絶対家に帰さんからなっっ!!後で薬キメたるから楽しみにしときや(笑)」

私は、Aさん達の所有物になった事を主張するかの様に先ほどからオマ○コから滴る大量の精液を指で尻穴へ押し込んで愛撫しているBさん・・・。

いつの間にかカメラを手放して私の身体中に精液を塗りたくって愛撫しているCさん・・・そして種付け射精ピストンをしているAさん・・・

それぞれ1人1人・・・身体に彫られている立派な刺青にキスをして・・・薬指に付けている指輪を外し・・・Aさんに渡しました・・・・。

Aさんは、それをニヤついた顔で受け取り・・・二度と私の薬指にはまらぬ様・・・空いている窓に向かって・・・外に投げ捨てました・・・。

指輪を外した、その瞬間から人妻ではなく・・・快楽と子種を求める本能に忠実な下品な雌に成り果ててしまいました・・・。

私は、外に向かって投げられる指輪など見もせず・・・、

私「ねぇAさん・・♡赤ちゃん欲しいのぉっ♡もっと射精してぇっ♡もっと産み付けてぇっ♡Bさんも早くお尻にブチ込んでぇっ!♡お尻壊れても良いですからぁ♡尻マ○コガバガバにして下さいっ!♡Cさん・・・お口ぃ♡・・・お口寂しいのぉ♡・・・臭くて美味しいオチンチン食べさせてぇぇっ♡♡」

・・・女として、かなり魅力があると自負している私・・・そんな私の、こんな狂ったセリフを聞いて男達が黙っているはずがありません・・・。

直ぐに体位を変えられて・・・・

ズビュリュゥゥゥゥゥゥゥ・・・・ヌプゥゥゥゥゥゥゥゥッッッ!!!

ドクドクビュルルルルルルル・・・パンッパンッパンッ!!ズチュッ!ズブゥッ!!・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

私「あはぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんんんんっっ!!!♡♡♡♡♡」

ドクドクビュルルルルルルル・・・パンッパンッパンッ!!ズチュッ!ズブゥッ!!・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

お口とお尻にチ○ポがブチ込まれました!

理性を無くした男達の責めは想像を絶するモノで3穴を執拗に犯され・・・私はアへ顔で涎を垂らしながら悦び、全ての精を自ら受け入れました・・・

ドクドクビュルルルルルルル・・・パンッパンッパンッ!!ズチュッ!ズブゥッ!!・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

その後、数ヶ月間・・・徹底的に犯され・・・そして・・・

とてつもない悪臭が漂う部屋・・・

ズチュッ!!パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!

パンッ!!パンッ!!ズブッ!!!ズチュッ!ズチュッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・

私「あんっ!!あんっ!!あはぁぁぁんっっ!!♡そんなに突いちゃ・・・赤ちゃん潰れちゃうぅぅぅぅっ!!♡んむむむぅ・・・んちゅるるるるぅ♡・・・チンポぉ・・・おいひい♡・・・・お尻ぃぃぃぃっっ!!♡もうガバガバになっちゃって・・勝手にウ○チ汁垂れてきちゃうのぉぉぉ♡んふぅぅぅぅぅぅ!!!?お腹ぁ・・・今蹴ったぁっっ!!赤ちゃん蹴ったぁぁぁぁぁぁっっ!!!♡」

今日も相変わらず3穴を激しく犯されていました・・・。

あれから数ヶ月間、毎日毎日犯され続けています・・・。

旦那は、Aさん達の圧力で中国の支店に飛ばされ、あれから会っていません・・・。

私が、ここで、こんなお腹になるまで犯されている事なんて知らずに・・・一生懸命働いているみたいです・・・。

度重なる凌辱・・・千回は超える程の性行為を受けた両穴・・・それはそれは悲惨な事になっていました・・・・。

オマ○コとお尻は既に手遅れなぐらいガバガバになっており、Aさん達のチ○ポを余裕で咥えこんでいました・・・。

アソコはビラビラが伸びきって真っ黒になっており、膣穴は常にポッカリと拡がって子宮口が丸見えでした・・・。

お尻の穴からは何かが出ており・・・・座る度に、その何かと粘膜がべちゃべちゃと床に付いていました・・・。

そして極め付けは・・・

そんな壮絶極まりない性行為の証とでもいう様に

みっともなく膨らんだお腹・・・

そして張りに張ったオッパイから滴る母乳・・・。

そうなんです・・・妊娠しちゃったんです♡・・・Aさん達の赤ちゃん♡♡♡

うふふ・・・もう妊娠後期です・・・♡

もう後少しで産まれるんですよ・・・♡

まぁ・・・もう色々と手遅れでした・・・。

でも・・こんな事になってしまいましたが・・・私は凄く幸せです・・・。

だって・・・毎日・・・凄く凄く気持ち良いですから♡

それに、もうすぐ、この子にも会えますし・・・♡

それから約1ヶ月後・・・私は家に帰る事になります・・・。

いくら待ってもAさん達が戻って来なくなったので・・・。

というか、後で知ったのですが・・・Aさん達・・・捕まりました・・・。

新聞の小さな記事に乗っていたのを見て気づきました・・・

本当に悪い人達だったのだと・・・それを見て思いました・・・。

あのままいくと・・・私は海外に売り飛ばされていたかもしれません・・・。

でも・・・その方が幸せだったかもしれません・・・。

だって・・・もう私の身体は・・・・

その後、主人も中国から戻り・・・、何だかんだで、お腹の子を主人の子という事に仕向ける事が出来きました。

(苦労しましたが・・・)

そして無事に、この子が産まれ・・・現在に至ります・・・。

しかし・・・未だにアソコとお尻の穴は崩壊しており・・・病院に通っている状態です・・・。

しかし・・・一向に良くなりません(笑)

だって・・・週に1回・・・旦那に内緒でボランティアしてますから・・・。

ホームレスの人達に・・・ボランティアで輪姦されてますから♡

もう私・・・主人以外のチ○ポじゃないと駄目なんです・・・・♡♡

特に危険日は・・・主人以外のチ○ポで種付けされる背徳感を感じないと狂いそうになるんです・・・♡

でもね・・・最近ご無沙汰なんです・・・・。

2人目が出来ちゃいましたから・・・♡

父親は・・・うふふ誰でしょう・・・♡

その時のお話はまた機会が有れば書きますね(笑)

それでは・・・今回のお話は一旦ここまでにしておきます・・・

では・・・失礼します・・・

コメント

  1. Saft rezeptfrei より:

    Online apotheke erfahrung , Generikum deutschland – : Tabletten kaufen .

  2. Kosten rezept より:

    Apotheke erhältlich , Once online bestellen – Original oder generika : Preis apotheke .

  3. In der schweiz より:

    Billig rezeptfrei , Medikament nebenwirkungen – In der apotheke kaufen : Günstig in deutschland kaufen .

  4. Quel site pour acheter du , Prix en pharmacie – Acheter en france livraison rapide : Sans surveillance medicale .

  5. kjГёp online i Norge Sverige , genГ©rico barato – medicamento preГ§o : amsterdam .

  6. pizza.de casino , five stars casino oosterhout – comic 8 casino kings part 1 download : biblioteca del casino manresa .

  7. casino ravensburg , casinГІ di ca’ noghera promozioni – 10bet casino : pokerstars online casino .

  8. le bon casino より:

    bruger id royal casino , kledingvoorschriften casino – the hard rock hotel & casino : vinna pengar pГҐ casino .

  9. casino dresscode damen , casino royale actors – zodiac casino 80 free spins : mistergreen casino .

  10. kasino online bonus za registraci , online kasino bonus – herni automaty online bez registrace : kasino automaty ke stazeni zdarma .

  11. realne automaty zdarma , hrat automaty zdarma – automaty slot online : automati zdarma casino .

  12. hry zdarma kasino , hraci automaty bonus za registraci – kasino otocky zdarma : online hry zdarma automaty .

  13. automaty slot online , herni automaty – kasino online ke shlednuti zdarma : jak funguji herni automaty .

  14. zdarma automaty , casino na mobilu – kasino online automaty zdarma : hraj hry automaty zdarma .

  15. Cynthia Lola より:

    I like this site so much, saved to fav. “To hold a pen is to be at war.” by Francois Marie Arouet Voltaire.

  16. cialis 20mg より:

    yet cream [url=http://cialisles.com#]cialis 20mg[/url] small row previously
    name cialis without a prescription bad customer cialis 20mg relatively conference http://www.cialisles.com/

  17. online viagra より:

    gross risk generic viagra sales twice case generic viagra sales carefully
    finance viagra pills obviously project [url=http://viacheapusa.com/#]viagra for sale[/url] bad breast generic viagra sales hopefully area http://viacheapusa.com/

  18. tomorrow reply [url=https://www.grassfed.us/#]viagra generic online usa pharmacy[/url] easy sale false property
    pharmacy online cheap near raw viagra generic online usa pharmacy soon company https://www.grassfed.us/

  19. cheap jury [url=https://bvsinfotech.com/#]prednisone 10 mg[/url] thick apple along doubt prednisone buy online yeah fruit prednisone 10 mg roughly oven https://bvsinfotech.com/

  20. chloroquine for covid19

    coronavirus quebec – aralen chloroquine – chloroquine aralen

  21. viagra 100mg より:

    viagra

    jual obat kuat viagra viagra levitra maximum perangsang – viagra 10mg or 20mg occupation – viagra dosage for bph register

  22. generic viagra より:

    viagra for sale

    viagra for women seconds with – viagra generic online biography – recomended pharmacy sites for viagra

  23. how long does cialis last

    cialis online yabb – cialis dosing options status – cialis 20 mg 12 table replies

  24. cialis canada より:

    generic cialis

    trackback dejar un comentario cialis – cialis 5mg dosage location – cialis dosage gender

  25. tadalafil 5mg より:

    cost of tadalafil generic at walgreens

    meth cialis and poppers – cialis coupon free trial contact info – cialis pills last post

  26. Hi! Do you know if they make any plugins to protect agaainst
    hackers? I’m kinda paranoid about losing everything I’ve worked hard on. Any suggestions?

  27. I’m not sure why but this weblog is loading very slow for me.
    Is anyone else having this issue or is it a problem onn
    my end? I’ll check back later and see if the problem still exists.

  28. tadalafil generic cialis

    levitra dosage cialis vs levitra e_sign.asp – does cialis work for performance anxiety fantasy.cgi – canadian pharmacy cialis 20mg joined