スタイル抜群Fカップの教育実習生の先生と…

夏休みが終わり、後期の授業が始まる頃でした。
この時期になると毎年、教育実習の大学生が1ヶ月学校に来ていた。

高2の俺のクラスには女子大生が来た。
大人っぽくてスタイルは超抜群。
芸能人で言うなら、有村架純さんみたいな清楚な感じだった。
何よりも、スーツの上からでもわかってしまう豊満なおっぱい。
俺はそのおっぱいを見るなり、すぐに勃ってしまった。
有村架純さんに似てるので、ここでは『かすみ先生』ということにする。

2週間が経った頃、俺のクラスの男子の間では、そろそろかすみ先生に連絡先を聞きたいという話が出てきた。
ただ・・・、実は俺のクラスは奥手ばっかりで、誰一人として聞くことが出来ないでいた。
俺は、(なんとしても!かすみ先生に聞くんだ!)と、ずっと1人で気合いを入れていた。
かすみ先生は放課後、バレーボール部の女子の見学に来ていて、俺は男子バレー部だったので絶好のチャンスがあった。

そんなある日。
男子と女子が同じ練習時間になった日があり、思い切って勝負に出た!
練習終わりにかすみ先生に、「勉強を教えて欲しい」とお願いした。
ここからは俺とかすみ先生の会話のやり取りを混じえてお送りします。

俺「□□(かすみ先生の名字)先生、こんにちは」

先生「◯◯くん、こんにちは」

俺「あの、今日の歴史の授業でわからないところあったので教えてもらいたいんですが、いいですか?」

先生「いいよ!けど私、勤務時間過ぎちゃうな」

俺「どうすればいいですか?」

俺は正直、迷惑をかけてしまったと後悔していた。
しかし!

先生「◯◯くん・・・もし嫌じゃなかったら、私の家来る?」

俺「□□先生!それ、やばいよ・・・」

先生「大丈夫。でも他の子には絶対に内緒にしてね」

俺「絶対に言いませんよ」

こうして俺はかすみ先生のアパートに行くことになった。

先生「そしたら私、着替えて職員室に寄って、帰るって言ってきますね」

俺「校門の前で待ってます」

俺は正直めっちゃ嬉しかったし、それ以上に勃起が収まらない・・・。
しばらくすると・・・。

先生「遅くなってごめんね」

俺「大丈夫ですよ、□□先生ってどこにお住みなんですか?」

先生「私は、◯◯駅だよ」

俺「俺と同じですね!俺は実家ですけど」

先生「大学が近いからね、◯◯くん、□□先生じゃなくて、かすみ先生でいいんだよ?」

俺「でも、さすがに名前で呼ぶのは・・・」

先生「緊張してるの?じゃあ私が下の名前で呼べば呼んでくれる?」

俺「え~~ん~~じゃあ・・・かすみ先生」

めっちゃ恥ずかしかったし、大きなおっぱいが真横にあることでめっちゃ緊張しました。

先生「よくできました!◯◯くんには後で美味しいお菓子を作ってあげる」

そんな話をしてると駅に着き、かすみ先生と電車が来るのを待っていた。

先生「ね、◯◯くん、さっきからどこ見てるの?」

俺「え?ど、どこも見てないですよ」

おっぱいを見てるのがバレたって思った。

先生「ここ?」

かすみ先生はおっぱいを指差しながら俺を見た。

俺「ち、違いますよ、さすがにそこ見てたらやばいですよ?」

先生「あやしいな~」

ただ俺のちんこは勃起していて、きっとかすみ先生にはバレている。

先生「◯◯くん降りるよ?」

俺「は、はい!」

慌てて降りるとき、かすみ先生のお尻にちんこが触れてしまった。

先生「◯◯くん、そんなに慌てないの!」

駅から歩いて3分。
実家の近くにあるアパートにかすみ先生は住んでいた。

俺「あ、ここのアパートなんですね」

先生「◯◯くん、この近辺に住んでいるの?」

俺「はい、このアパートの裏にコンビニあってその右です」

すげー近所だったからマジ最高!
1人ですごいテンションが上がった。

先生「ちょっと狭いかもしれないけど、今日は何時までいてもいいよ」

俺「マジですか?!かすみ先生、とりあえずわからないところを教えて欲しいです」

先生「わかったよ、そこに座って待ってて」

1LDKは一人暮らしにはぴったりの広さだし、整理整頓もバッチリ、ピンクのお洒落なお部屋だった。

先生「はい、どうぞ」

かすみ先生は冷たい麦茶とプリンを出してくれた。

俺「かすみ先生、ありがとうございます」

先生「勉強の準備してて、私着替えてくるから」

思わず(覗きたい!)ってなったが我慢した。

先生「◯◯くんも暑かったら脱いでね」

俺「かすみ先生、その服すごい似合ってるし可愛いですね」

先生「ほんと?今日初めて着るんだよ」

花柄の白のワンピースだった。
胸の大きさをさらに強調していて、エロさがあり最高だった。

先生「◯◯くん、さてさて分からないところってどこ?」

前屈みになると、かすみ先生の谷間が露わに。

俺「えっとえっと・・・ここです」

先生「ここは、こうすればわかるはずだよ?」

俺「あっ!本当だ!すごっ」

大学生すごっ!って思った。

先生「私から1つ真剣な問題を出すから答えてね」

俺「なんですか?」

先生「◯◯くん、かすみのここ、気になるんでしょ?」

そう言うと、かすみ先生は谷間を見せてきた。

俺「そんなことないですよ」

俺は目を逸らした。
しかし!!

先生「ふ~ん、嘘はつかない方がいいよ?」

かすみ先生は、そう言うと俺の隣に座ってきた。

俺「本当ですよ!そんな、かすみ先生のここ・・・」

言ってる最中にキスをされた。

先生「◯◯くん、ここがどんどん大きくなってるよ?」

そう言われ、ズボンのチャックを下ろされ、パンツの上から触られた。

俺「あっ・・・先生・・・俺したことないです」

先生「特別に保健体育を教えてあげる」

ズボンを脱ぎ、俺はパンツだけになった。

俺「かすみ先生・・・すごい恥ずかしいです」

先生「じゃ、私も脱いだらいいかな?」

かすみ先生も下着だけになった。

俺「やっぱ大きい・・・」

俺は小声でおっぱいのことを言った。

先生「Fカップはあるかな、好きに触ったりしていいよ」

俺「じゃ、揉んでもいいですか?」

俺はかすみ先生のおっぱいをブラの上から鷲掴みにして揉んだ。

先生「あっ・・・んん・・・」

かすみ先生は感じていた。
俺がかすみ先生のおっぱいを触り続けていくと・・・。

先生「ブラ取って直接触って欲しいな」

俺「うわ~綺麗な乳首、舐めるね」

先生「あっ・・・あん・・・だめぇ・・・舐められるとイッちゃう・・・」

なんとかすみ先生はおっぱいだけでイッてしまった。

俺「かすみ先生、その大きなおっぱいで俺のを挟んで欲しい」

先生「しょうがないな~~」

唾を垂らしながらパイズリをされ、すごい気持ちよかった。

俺「先生・・・先生と1つになりたい」

先生「もう~~・・・絶対に絶対に誰にも言っちゃだめだよ!」

俺「もちろん!絶対に誰にも言いませんよ!」

先生「◯◯くん・・・かすみが上に跨がってあげる」

初体験は騎乗位だった。
かすみ先生のおまんこはとてもキツくて気持ちよかった。

俺「かすみ先生・・・すごい気持ちいい・・・なんか出ちゃいそう」

先生「◯◯くんの好きなところにいっぱい出して」

俺「あっ!このまま出す・・・出る!!」

先生「中は・・・中はダメ・・・」

かすみ先生は直前で抜き、咥えてくれた。
俺は口の中にいっぱいザーメンを出した。

俺「俺、すごい気持ちよかった」

先生「今日のこと、ちゃんと秘密にするんだよ」

俺「もちろんです!」

その後、かすみ先生と何度もセックスを楽しんだ。