兄(東大生)にオナニーを手伝ってもらい…。

私はいつもここを見て、1人でアソコを弄ってる。
私はまだ中学3年で、上に2人、姉と兄がいる。
部屋も同じで、パソコンは私たちの部屋にある。

私たちの部屋の隣は兄の部屋だ。
兄はちなみに東大生で、それなりにかっこいい。
Sだから、いつも私はからかわれる(いじめられる)。

私はいつも夜にオナニーをしてるのだが、隣で寝てる兄にばれないようにやらなきゃという緊張感から、すぐに感じてしまう。
(姉はバイトなので夜はあんまりいない)
しかも、声は出しちゃだめ、という厳しい条件付き。
でもそれが手伝って、最高に気持ち良くなる。

そして一昨日の夜、事件が起こった。
私がいつものようにオナニーをしてた。
私はそのとき、エッチな動画を観ながらやっていたので、部屋をノックする音に気付かなかった。
私は声を出さないようにするのに夢中で、ドアが開いたことすら気づけないままでいた。

「お前・・・何してんの?」

「え?」

ドアのところに立ち尽くす兄の存在に気付いたのはこのとき。
私は急いで服を着ようと服に手を伸ばしたが、兄に止められた。

「へ~、お前もこういうことする年になったのか~。そっか~、俺が手伝ってやろうか?」

兄がニヤニヤしながら言ってくる。

「勝手に部屋に入っといて・・・お兄ちゃんの手伝いなんかいらないもん」

「言っとくけど俺はノックしたからな?てか、その格好、誘ってるとしか思えない」

「だから今着るってば!手、離してよ」

「嫌だ」

私は兄にお姫様だっこされて、ベッドに連れて行かれた。

「ちょ、何すんの!?下ろしてよー」

「いやだね」

兄はそう言うと、私のCカップの胸に顔を近づけ、舐めてきた。

「ん」

「我慢しなくていいぞー」

兄が余裕なことに腹が立ってきた私は、意地でも声なんか出してやるもんかと思った。
が、兄が片方を舐めながら、片方を指で弾いた。
その何とも言えない衝撃に・・・。

「ん、んあ」

失態だった・・・。
兄を見ると、やっぱりニヤニヤしてる。
もうそこからは私も何も考える余裕がないくらい、兄に責められた。
たぶん胸の愛撫だけで2回はイッてるだろう。
10分くらい経っただろうか・・・兄の手が今度は下に伸びてきた。

「お前、生えてんだ。そっか、もう中3だもんな」

独り言を言いながら、兄がクリを弄ってくる。

「や、ん・・・はあ・・・あっ・・・いっ・・・やんっ」

「いや?やめてやろうか?」

ずいぶんと意地悪なお兄様だ。

「や、やめないでっ・・・」

私の中に指が2本入ってきた。

「あっ、んっん・・・はあ、っん」

「そんなに声出すとお父さんに聞かれちゃうぞ?」

(声を出させてんのは誰よ!)とか思いながら、必死で唇を噛みしめる私。
その間にもクリを責めてみたり、Gスポットをしつこく責められたり。
そして・・・。

「や、イクっ・・・あっ、や、やめてイク、手、離してっ、あっあっ・・・んっあーっ!」

「イッた?」

私は恥ずかしさで布団に顔を埋めたまま頷いた。
兄は私の頭を撫でて、「またやってやるよ」と言って部屋を出てった。

もし次の機会があったらまた報告します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする