友達の連れ子の前で、雄と雌の交尾のように…。

土曜の朝、友達のユキちゃんの家に遊びに行ったときのことです。
ユキちゃんにはK君という彼氏がいて、3人でよく遊びに行ったり、ユキちゃんの家で焼肉を食べたりします。
ユキちゃんには連れ子のR太(4歳)がいます。
前の旦那さんと別れて、今はK君と同棲中です。
R太はK君のことを「パパ」と呼んでいるくらいで、もう本当の家族みたいです。

土曜の朝、遊びに行ったら、ユキちゃんは急に同じ市内に住むお母さんを市民病院まで付き添って行くことになり、「しのぶちゃん(私)、ごめん。急に行かなくちゃならなくなって、R太が起きたら適当に遊んであげて。午後には戻ってくるからさ」と車で出かけてしまいました。
前にもK君には私の彼氏の浮気のことで相談に乗ってもらっていて、一緒に飲みに行ったりしていました。
本当に友達として相談に乗ってもらっていただけでした。

その日も、K君に相談を持ちかけました。
最近、仕事も忙しくて、精神的にも参っていた私は途中で泣いてしまいました。

私「女としてしのぶはダメなのかなぁ・・・」

K「そんなことないだろ、しのぶは悪くないよ」

ソファに座っていて、私はK君の肩に頭をつけました。
そしたらK君はキスしてきました。

私「ダメだよ・・・相談してただけなのに・・・R太がそこで寝てるし」

R太は隣の部屋で寝ています。
リビングと、その部屋は引き戸があるのですが外してあり、ユキちゃんとK君のセミダブルのベッドと、床にR太用の布団が見えます。
R太はリビングとは逆の方向を向いて寝ていました。
K君はキスしたまま胸を触ってきました。

私「いつも相談して慰めてくれるのは嬉しいけど、カラダまでは・・・だめ・・・」

K「しのぶの相談に何回も乗ってるうちに、好きになったかも知れん」

押し倒されてセーターとブラを捲られて胸を愛撫されて・・・。
私のロングスカートが邪魔ならしく、K君に押されて隣の寝室へ移動。
R太の頭をすり抜けるとき、小声で「やっぱダメだよっ」と言うも、強引にベッドへ。
ベッドのすぐ下には、R太がこっちを向いて寝ています・・・。

(相談に乗ってもらってただけなのに、なんでこんなことに・・・こんなこと絶対にだめ・・・)

私は押し倒されてK君に体重をかけられました。
抵抗しようと腕に力を入れましたが、両腕をK君につかまれて動けません。

(このままじゃ、R太の前で私、K君にヤラれちゃう・・・レイプされちゃう)

R太の方を向くと自然と涙が耳に伝って流れました。

私「だめっ・・・ホントにだめっ・・・ユキちゃんとR太に悪いよ・・・(私の)彼氏にも悪いし・・・」

K「前からしのぶの胸、見たかったんだ。Tシャツの上から見てたり、お尻とかもGパンの後ろ姿とかいいなって思ってたんだ」

乳首を舌で舐められるとすぐに乳首が立ってしまいます。

私「んはぁっ・・・んっ」

R太の前なのに声が漏れ、ビクンッビクンッとカラダが反応してしまいました。

K「しのぶ、乳首の色きれいだな。乳輪は大きいな。やっぱりエッチなオッパイしてるよ、お前」

私「いや・・・K君やめて・・・恥ずかしいよ・・・」

信用してた男友達に、乳首の色や乳輪の大きさを観察されて、乳首のそばにあるホクロまで見せてしまった・・・。
K君の望み通り、見せちゃった・・・。
ロングスカートは穿いたまま捲られ、白のパンティを脱がされ、アソコを愛撫・・・。


陰毛を口に含んで引っ張られたり、お尻の穴を舐められたり・・・。
私の彼氏とは違う愛撫に、いけないと思いながらもカラダは正直で感じてしまいました。
お尻の穴に指を入れられたままアソコに指を入れられました。

私「K君、そんなとこ汚いよ・・・指なんか入れちゃ・・・臭くなっちゃうよぉ・・・」

恥ずかしいのにカラダはホントに正直で、私のアソコはグチョグチョになっていました。
激しく指を出し入れされると、私は自分から腰を浮かせて・・・。

私「あっあっ、だめ・・・イック、イッちゃうよ・・・すごいぃ・・・んぁっ・・・ぁ・・・」

私はカラダを痙攣させてイッてしまいました。
イッた後は背徳感でいっぱいになりました。
でも、その背徳感も手伝って、ひとりエッチや彼氏とのセックスでイクのとは比べ物にならないくらい、深い絶頂を味わいました。
すぐにロングスカートを捲られて、四つん這いにさせられてK君にバックで挿入されました。

K「ユキより、しのぶの方がお尻がデカいのな。すげぇいい尻。柔らかいし。ずっとオレ見たかったんだ。友達だからいつもGパンの上からしか見れなかったけど、裸のしのぶの生ケツが見れるなんて最高だよ」

ナマで突かれていたので、突かれるたびに、カポンッ、カポンッと愛液いっぱいの私のアソコから音が出ました。
お尻もポワンッポワンッと波打ちました。


K君が激しく突くのでベッドがギシギシ鳴って、床の布団で寝ているR太が起きないか心配になりました。

私「だめだよ・・・K君、R太が起きちゃうよっ、見られたらヤバイよっ」

K「起きないから大丈夫だよ」

私「すごく揺れてるし、音もすごいよ・・・」

私のお尻を両手で揉んだり、両側に広げたりしながらK君は言いました。

K「しのぶ、バックでしてるとお前のお尻の穴、丸見えだぞ」

私「そんなっ・・・恥ずかしいっ・・・そんなとこ見ないでぇ・・・」

私はR太を横目に見ながらバックで2度目の絶頂を迎えました。
K君も絶頂が近いのか、オチンチンを抜いて私のお尻のワレメにオチンチンの先っぽをツンと当ててきました。
次の瞬間・・・ピュッ、ピュッと熱い精子が私のお尻の穴付近に飛んできました。

K「ああっ、気持ちいいっ・・・しのぶ、好きだっ」

ぐったりしている私にK君は・・・。

K「しのぶ、またイッたのか?」

私「うん・・・」

仰向けにさせられ、頭を持ち上げられると、K君はダランとしたアソコを差し出してきたので、フェラで綺麗にしてあげました。
K君はイッた直後だからすごく敏感になってました。
精子独特の匂いと味が口の中に拡がって、また興奮して、欲しくなってきてしまいました。
K君は私の髪をくしゃっとしながら・・・。

K「んあっ・・・しのぶ、いいよ・・・」

と、気持ち良さそうに私の頭を前後させました。
またK君のオチンチンが元気になってきたので、私は膝下まで戻ったロングスカートを両手でお腹までたくし上げて、K君のいきり立ったオチンチンを受け入れました。
K君はゆっくりと腰を振ってきました。
ふとR太が気になって見ると、こっちを向いて寝ていたR太の目が開いていたように見えました!
でもすぐに寝返り打って、R太は反対側を向きました。

(R太にバレた!R太が今、こっち見てた!)

私「K君、R太が起きてるっ」

K「寝てるだろ。大丈夫だよ・・・」

R太にとって私は、ママのお友達。
K君は、新しいパパ。
私とK君がいくら仲の良いお友達だとしても、2人とも下半身丸出しでエッチしている・・・。
R太の気持ちを考えると背徳感がこみ上げてきて、さらに私の感度は上がりました。
K君のストロークが速くなったこと、お腹側の私の気持ちいいポイントを突かれたこと、それにR太への背徳感が掛け算されて、私の性的興奮はピークに達しました。

私「K君っ、すごぃっ・・・そこっ・・・すごいよぉっ・・・してっ、してっ・・・そこ、もっとしてぇっ!!またイッちゃう!あぁっ・・・イ、イッくぅ・・・んぁ・・・ぁ・・・」

この正常位で、私は3度目の絶頂を迎えました。
K君が強く抱き締めてきたので、私もK君の背中に腕を回してギュッと抱き締め返しました。

私「K君、ユキちゃんにしてるのと同じことして・・・。しのぶにもしてぇ・・・。K君とユキちゃんが毎晩一緒に寝てるこのベッドで・・・ユキちゃんにしてあげてることを私にもいっぱいしてぇっ」

2人とも興奮してきて、起きてしまったR太のことなどお構いなしに、「はぁっ、はぁ・・・!」と声を出しながら激しくよがり狂いました。
ベッドは大きく揺れて、ギシッギシッギシッと床に響くくらい大きな音を立てました。

K「オレ、ユキよりもしのぶの方が好きだ・・・しのぶ愛してる・・・オレもう・・・あっ・・・くっ・・・」

私「私もK君のこと好きっ、大好きK君・・・。いいよぉ・・・そのまま出してぇ・・・」

私はK君は私をキツく抱き締めて逃しませんでした。
その直後、K君の挿入が深くなり・・・腰を引いてから一番奥まで一気に突くと、K君は搾り出すように吐精しました。
K君は私の中にすべて流し込んだようでグッタリ・・・。
動物のオスとメスの交尾のような勢いだったと思います。
しばらくベッドでまったりしましたが、すごく幸せな時間でした。
R太の顔は見れなかったけど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする