友達の年下彼女を寝取った話…。

俺には仲の良い地元の男友達が4人いて、いつもその中の1人の家で遊んでた。
そこは10畳ぐらいのでかい部屋で、ゲームやエロビ、エロ本、漫画などなんでもあって、まさに楽園だった。
ただベッドの他に布団が敷いてあって万年床だったし、部屋がものすごく汚れてたので、パッと見は楽園というより地獄絵図って感じだった。
それぞれ彼女がいる時にはそこに連れてきて、みんなで泊まったりもしていた。
その時はもちろん雑魚寝だった。

いつものようにその家に溜まっていると、友人のAが彼女を連れてきた。
もちろん全員面識があるわけだが、Aの彼女は年下ということもあってみんなあまり親しくはなかった。
合わないとかではなく、みんなよそよそしく、でもなんか優しく接していた。
可愛いんだけど幼すぎて、下ネタ大好きな俺達とは違う感じがしていたからだ思う。

時間も遅くなり、週末ということもあって、その日はその家に泊まることになった。
みんなで酒を飲むわけでもなく、一通りそれぞれで遊んだので就寝することになる。
寝る時の配置は、まず家主がベッド、そして床には布団が無造作に2枚あるのだが、この2枚にAとAの彼女と俺ともう1人の友人で寝るわけだが、正直かなり狭い。
布団がシングルサイズなので、床の布団組はかなり密着した状態になる。
ベッドはセミダブルなのに・・・。
なんて家主に文句言えるはずもなく、仕方なくそのまま寝ることになった。

床に就いてから1時間もすると、なにやらAが動きだす。
俺の真横でなにやらガサゴソ音がする。
もう音でわかった。
やろうとしてる。
Aの彼女のYちゃんは、声は出していないが抵抗している感じだった。
Aは兄貴と同じ部屋だし金も持ってないから、普段からあまりセックスするスペースがなかった。
(我慢できないんだろうなー)とか思いつつ、薄目を開けると手マンしてる感じ。
次第にYちゃんの吐息が漏れてくる。

ガサゴソガサゴソ・・・。

「は・・・はぁ・・・ふぅー」

なんて音と声が聞こえてくるが、Yちゃんは決してアノ声は出さないで頑張ってる。
その音だけで俺はドキドキして薄目すら開けれない。
まあ布団があるから見ても見れないと思うし。

するとYちゃんは抵抗している感じでAに背中を向ける、つまり俺と向かい合う形になる。
俺はさらにドキドキ。
勇気を出して薄目を開けると・・・。

おっぱい出てた!

意外に大きい胸にさらにドキドキする俺。


ただAの手が邪魔をして乳首は見えない。
Yちゃんは色白で柔らかそうな体をしている。
Aの手で押し潰されているYちゃんのおっぱいを見て俺は完全勃起。
そしてYちゃんの音も大きくなる。

ガサゴソ・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ」

ピチャ。

「・・・んふぅ」

もうね、薄目するのも忘れて凝視してしまった。
で、凝視したのがまずかった。
Yちゃんとバッチリ目が合ってしまった。
慌てておっぱいを隠すYちゃん。
慌てて寝たふりをする俺。
Aも気付いたのかどうかは判らなかったけど、結局その日は最後まではやらないで終わったみたいだった。

それから朝になって、みんなそれぞれ解散した。
俺も家に帰ってYちゃんのおっぱいで何回もオナニーした。
やっぱりフレッシュなネタだと出方が違います。
俺のオナニーランキング上位に食い込みました。

それからしばらくはYちゃんネタでオナニーしてた。
オナニーのたびに俺の想いは募る一方。
いつしか俺は、(Yちゃんとやりたい)と思うようになってた。

そんなある日、AがまたYちゃんを連れて来た。
そしてまたいつものようにみんなで泊まったんだが、前回と違うことがあった。
それは泊まった日の朝にAがバイトだったので、Yちゃんを残してAは早めに家を出たんだ。
みんなも昼には帰った。
みんな地元でYちゃんだけは違うので、駅に一番近い俺がYちゃんを送ることになった。
キタコレ!と思った。
雑談しながらの2人きりの帰り道、俺はこの前の夜のことを話した。

俺「Yちゃん・・・この前さ」

Y「え?」

俺「前に泊まった時、Aとエッチなことしてたよね」

Y「やっぱり見てたんだ」

俺「目が合ったよねw」

Y「・・・」

俺「おっぱいも見ちゃった」

Y「え、え、え・・・w」

なんて会話をした。


その後に、「あれ以来Yちゃんのことが頭から離れない」とか「綺麗な胸だった」とか言って必死に口説いて、「今度2人で遊ばない?」みたいなことを言ったら、悩みながらもOKしてくれて電話番号をゲットした。
駅までYちゃんを送って俺も家についたが、我慢できなくてそのまま速攻で電話をかけた。

俺「やー」

Y「早いw」

俺「今日はAと会うの?」

Y「いや、今日は会いませんよ」

俺「じゃあ今日は暇なの?」

Y「まー暇ですけど」

俺「じゃ今日会おう!」

Y「えー今日ですか?」

俺「ダメ?」

Y「ダメじゃないですけど夕方からなら・・・」

って感じで会うことになった。
もうAのことなんて何も感じてなかった。

ここまでくればもう後は簡単。
とりあえず居酒屋に行ってまた口説いた。
そしてカラオケに行っていい感じになり・・・。

俺「この後どうする?」

これでもうエッチしようって言ってるのがわかったようで・・・。

Y「えー本当に?」

俺「ダメ?いいじゃん!今日だけ!お願い」

Y「・・・うーん・・・うん」

最後の「うん」は言ったかどうか判らなかったけど、俺はそのままYちゃんにキスをした。
暗黙の了解って感じでYちゃんも舌を絡めてきた。
一旦唇を離して見つめ合う2人。
俺はしてやったり、キタコレ!って感じで半笑い。
Yちゃんは、「あー本当に?マズイよー、あーあー」とかまだ言ってる。
そのモジモジしながら狼狽えてる姿が可愛くて、手を取ってまたキスをした。

俺「出よっか?」

そう言って席を立つと、Yちゃんは無言で頷いた。
そして手を繋いでカラオケ店から出て、そのままホテルに行った。
ホテルに入るとなんだかあらたまってしまって、お互いなんだかよそよそしい。
だが、それがいい!
まだ心を通わせ合ってない女を、しかも友達の彼女を抱くというシュチエーションが、いまだかつてない興奮を呼ぶ。
俺はそういうシュチエーションにこだわるタイプなので風俗にも行ったことがない。
やって当たり前の状況ならオナニーと同じなわけで、抱くまでの過程が好きなのだ。

俺は客観的に見てこの状況を楽しんでいた。
今まで頭に出て来なかったAのことが出てくる。
それは罪悪感ではなく、Aの彼女を抱くということを改めて認識して、より興奮するためだった。

とりあえずキスをして、「先に風呂入るね」と言って風呂に入った。
正直、風呂場でニヤけた。
その後、Yちゃんにも風呂に入ってもらった。
お互いバスローブで向かい合うが、まだ気まずいw
気まずさを誤魔化すようにまたキスをする。
舌を絡ませ、音がするぐらいの激しいキス。
すごく長い時間キスをした。
そのままバスローブの隙間から胸を触るが、ブラジャー付けてたw

俺「わざわざ付けたの?w」

Y「だって恥ずかしいんだもん・・・」

すっげー可愛いと思って、またキス。

俺「全部脱ごっか?」

バスローブとブラジャーを外す。
白くて柔らかそうなおっぱい。
あの時には見えなかった乳首も露わになる。

俺「すっごい綺麗・・・」

乳首は小さすぎるぐらい小さくて色はピンク。
そして白い肌。
本当に今までで一番綺麗なおっぱいだった。

Y「恥ずかしいよ・・・」

隠そうとする手を取って、そのままキスして乳首に触れた。

Y「・・・あん」

可愛い喘ぎ声が漏れる。
俺は完全に勃起したモノにYちゃんの手を誘導する。
Yちゃんはその手で上下運動を始める。
俺のチンコをしごいてもらいながら激しいキスを続け、Yちゃんのおっぱいを揉む。

俺「ねー、口でしてくれない?」

Y「うん、いいよ」

そしてYちゃんが俺のモノを口に含む。
焦らしなしでいきなり始まるフェラ。
奥まで咥えて前後に顔を動かすYちゃん。
すごいいやらしい音がする。

ジュル・・・チュ・・・ジュポッ。

かなり激しいフェラだったが上手くはなかった。
けれど、上から見たその光景に俺は激しく興奮した。

(うわー、Aの彼女が俺にフェラしてるー)

これを何回も頭の中で繰り返した。
そのシュチエーションだけでイキそうだったので、今度は俺が攻める。
Yちゃんはまだパンツを脱いでいなかったのでおっぱいを中心に攻める。
たまにパンツの上から軽く愛撫する程度で焦らす。

Y「ん・・・ふぅ・・・はぁ」

俺「気持ちくなってきた?」

Y「・・・うん」

俺「じゃあ自分でパンツ脱いで」

これが俺の中でのポイント。
Aの彼女が俺の前で自らパンツを脱いでいる。
そのシュチエーションが俺をさらに興奮させた。

全裸になり2人は激しく抱き合いながらキスをする。
お互いの性器が密着しているのが心地よい。
そしてここから俺は本気で愛撫を始めた。
クリトリスを優しくゆっくり撫で回す。

Y「ん・・・はぁ・・・んぁ・・・ん・・・」

声が可愛い。
だんだん手のスピードを速める。

Y「はぁはぁ・・・あ・・・ふぅ・・・あん」

俺「気持ちいい?」

Y「ぁん・・・はぁ・・・気持ちいい・・・よぅ・・・」

さらに手のスピードを速めた。

Y「あ・・・ダメ・・・いや・・・あダメダメダメ!・・・ぁ」

Yちゃんの体が硬直してきたのでさらにスピードをあげ、指全体をクリトリスに押し付けると・・・。

Y「ん・・・ぁ・・・んぁ!」

大きな声を出してぐったりした。
俺はYちゃんの顔を覗き込んでニコッと笑った。
そのままYちゃんの股間に入り込みクンニした。

Y「ちょっ・・・待って!待って!ダメだよ・・・恥ずかしいよ・・・んぁ」

嫌がるYちゃんを無視して強引にわざと音を立ててクンニを続けた。
Yちゃんも諦めたのか感じているのか脚の力を弱めた。
よし!と思い、Yちゃんにクンニしながら指を入れた。

Y「あっ・・・はぁはぁ・・・あはぁ・・・ん・・・気持ち・・・い・・・はぁん・・・んぁ!」

すごい感じてくれたみたいだった。

Y「はぁはぁ、もう無理・・・ダメだよ・・・」

俺「どうしたいの?」

Y「ん・・・はぁはぁ・・・もう入れよう・・・あ」

俺「え?」

Y「もう入れて、お願い!」

俺は自分のモノでクリトリスを刺激しつつ、焦らしながらゆっくりと挿入した。
はい、生ですよ。

Y「・・・ぁ」

俺は入れる瞬間のこの切なそうな顔が好き。
Yちゃんの中は、締りがいいわけじゃなかったけど、とにかく愛液の量が多くてすごくてヌルヌルしていて気持ちよかった。
ピストン運動を始めると、すぐにイキそうになる!(俺が!)
ヤバいと思い、体位を変えることにした。

俺「上になってくれる?」

Yちゃんは上になると結構慣れた感じで腰を振る。
上手くはないが激しい。
俺はYちゃんの揺れる白いおっぱいを見ながらすごく興奮した。

俺「Yちゃん、気持ちいいよ」

Y「本当?私も気持ちいい・・・」

なんて言いながら少し微笑む。
俺はイキそうになったので、また正常位に戻って激しくピストン。

Y「あっはぁっあ・・・んぁはぁ」

俺「Yちゃん、イクよ!」

Y「はぁ・・・あっあぁ・・・んぁ・・・」

そして俺はそのまま中出しした。
ってのは嘘で、お腹に出して終了。
その後、お風呂に入ってイチャイチャしながらフェラで1発、朝方もう1回エッチした。

5年も前の話だし、AとYちゃんもとっくに別れた。
Aと俺はまだ付き合いがある。
今は友達の彼女になんて絶対に手は出せないし、生でセックスもできません。
あの頃は調子に乗ってたので、何も考えずにそういう事がやれたんだと思う。
今考えても、よくあんな事をやれたなーと思うくらい。

友達の彼女に手を出したのはそれ1回だけ。
でもやっぱり、あの罪悪感と背徳感と優越感を感じながらのセックスは、俺の中で一番気持ちよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする