先輩♀の口内で果ててしまった話

その先輩とは、何度か彼女の家に遊びに行ったことがあるだけの関係で、その日もいつもと同じように過ごしていたけど、不意に彼女がこう言ってきた。

「上、脱いでみて?」

いきなりシャツに手をかけてきたので、おかしいなと思いながらも上を脱いだら突然ベッドに押し倒されて、両手をベッドの柵に縛られて・・・。

「先輩・・・?」

こっちが言うより先に僕の上に跨がってきて、首筋にキスしながら、「可愛い身体ね、味わっていい?」と言ってきた。
彼女の長い髪が身体に触れたり、ほっそりとした指が撫でるたびに快感が走るが、突然の変わり様が怖くて声が出なかった・・・。
やがて彼女も服を脱ぎだし下着だけになった。
そしてオナニーの仕草をしながら僕のズボンを脱がす。

「先輩ってとんでもない人だったんだ!!」

「どんな反応するか見たかったの。◯◯君だって気持ちいいこと好きでしょ?」

そう言いながら太股を触ってくる。
よけようと身体をねじっても構わず撫で続けられ、トランクスの上から触ってくる。
言うまでもなく、即座に勃起してしまう・・・。

「あら、もうこんなになるのね」

僕は何も言い返せなかった・・・。

「◯◯君はオナニーはするの?私は毎晩しているよ」
「どうでもいいだろ」

「こんなに硬くして・・・。何を考えたらこんなになるの?」
「それは・・・」

彼女はブラを脱いで、胸を見せつけるようにしながら淫らに問いかける。
ボクの勃起を触ったままで・・・。

「顔歪めないで、気持ちいいなら声出したら」

「いやだよ・・・こんなことされて・・・」

「けど、ビンビンじゃない」

勃起を強く握られた・・・。

「あぁ・・・」

痛みに我慢できずに叫んでしまうけど、彼女はお構いなしに続ける。

「さあ、言ってみて。オナニーしてるの?」
「うん・・・」

「いつから」
「小5」

少しでも黙っているとまた強く握ってくる・・・。
何か言おうにも口からは喘ぎ声しか出なくなって・・・。
そして彼女はトランクスも下ろしてしまい、露わになった勃起を指で弄る。

「こんなに感じやすい、いい身体してて、まだ誰ともしてないんだ?」

「・・・」

「先の方から、口に入れるよ・・・」

彼女の口内に勃起が納まっていく。

「あぁ・・・先輩・・・」

彼女の舌が絡み、カリを刺激して行く中でだんだんと記憶が遠くなっていく・・・。

「もうだめです、先輩、出そうです・・・あぁぁ・・・」

僕はうわ言のように喘ぎながら、彼女の口の中で果ててしまった・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする