セフレの友達♀にチンポが疼く…。

自分は35歳の独身男。
寝取られM男以外は読んでいて気分が悪くなると思うのでスルーしてくれ。

2ヶ月ほど前にセフレの女から面白そうな話を持ち掛けられた。
なんでもセフレとセフレの女友達がシンガポールに旅行する予定なのだが、男っ気がなくてつまらないから俺の友達を誘って旅行に参加しないかという話だった。
もう少し詳しい事情を書くと、セフレの友達の彼氏が相当に嫉妬深いヤツらしく、せっかくの海外なのに男と遊ぶことも出来なさそうでつまらないとのこと。
で、その女友達に男と一緒に行こうと伝えたら間違いなく拒否されそうだということだったので、少し計画を練り、現地で偶然を装って俺達と合流するということにした。
俺は早速、よく一緒に女遊びをしている友人に声を掛けてセフレにOKの返事をした。

セフレの友達の名前は『愛子』と言って27歳。
写真を見ると白くて結構いい女で、すぐにチンポが疼いた。
セフレに聞くと胸がデカいらしく、ますますやりたくなった。
彼氏と一緒に写っている写真も見たが、そういうのを見せられると余計にチンポが疼いて旅行が待ち遠しくなった。

俺の友人は『良昭』と言って35歳。
こいつも独身でかなり女にはだらしない。
まぁ似た者同士ってとこか。
良昭に2人の写真を見せると当然ヤル気マンマンになっていた。
今さらだけど、俺達はこの女達とやるためにシンガポールに行くことにした。

そして旅行当日、俺達は胸を高鳴らせながら空港へ向かった。
女達とは現地まで接触する予定はなかったが、空港ロビーで女達を見かけたので、目立たないように実物を拝んだ。

「良昭、どうよ?」
「結構どっちもいい女じゃん、どっちがお前のセフレ?」

「右の女だよ」
「いいねぇ、どっちとも早くヤリてぇな~」

ちなみにセフレの名前は『友里』と言って27歳。
看護士をしている。
セフレと言っても尻軽なヤリマン女というわけでもなく、普通のどこにでもいるような女だ。

旅行は2泊4日の強行スケジュールだったので、初日の夜から偶然を装って合流することにしていた。
俺達は現地に着くと、早速セフレ達と同じホテルにチェックインして夜を待った。
ホテルの最上階にバーがあり、そこで会うことにしていた。
20時を過ぎた頃、セフレの友里から連絡があった。

「もしもーし」
「おう、友里、やっと連絡来たか」

「うんうん、ごめんね、そろそろ店に来ていいよ、上手にやってね」
「分かった、任せろ」

俺達は一目散にバーへと向かった。
バーに入り、気付かないふりをしながら女達の席に近寄った。

「あれ?友里じゃん!」

「え?祐司くん?」

なーんてあまりにもベタな演技に自分でも笑いそうになったが、いとも簡単に合流することに成功した。
愛子の方は戸惑った顔をしていたが、そんなことはお構いなし。
4人で飲むことになった。

自己紹介をしている愛子を舐め回すように見ていると、聞いていた通り、服の上からでも胸の大きさが分かった。
何時間か後にベロベロ出来るかと思うとたまらなかったね。
海外に来ている開放感なのか、女達は結構お酒は進んでいるようだった。
下らない下ネタを挟みつつ会話が弾んでいると、愛子の携帯が鳴った。

「ちょっとごめんなさい」

愛子が席を外して出た電話は、嫉妬男の彼氏くんからだった。
心配性らしく、2、3時間に1回は連絡が来るらしい。

(馬鹿な男だ。もう少しで君の可愛い愛子ちゃんは俺に跨がってるよ)

正直、とっとと部屋に戻って飲み直したかったのだが、愛子の警戒心を取らなければ何も始まらないので我慢した。
まあでも友里もその気だったので、友里の協力もあって23時くらいに部屋に連れ込むことに成功。

(彼氏くん、もう少しでやっちゃいますよー)

部屋で飲み直して30分後、また彼氏くんから連絡。

「あ、うん、もう部屋に戻ってきたよ、え?まだ寝ないけど、うん、寝るときは連絡するね」

「愛子ちゃん、彼氏に愛されてるねぇ」
「そんなことないよ、心配してるだけだもん」

「心配してるってことは、凄く大事に思ってるってことなんだよ」
「そうなのかなぁ」

正直、そんなのはどうでもよかったけどね。
俺はこういう他人の女をヤルのがたまらなく興奮するんだよな。
恋人を裏切って股開く瞬間なんて最高でしょ。
友里も元々彼氏がいた時にやったんだよね。
まー、もう使い飽きたけど。

良昭とは最初から打ち合わせておいて、最初は俺が愛子、良昭が友里を頂くことにしていた。
俺は愛子の横に座って徐々にボディタッチを始めていた。

「愛子ちゃんてさぁ、ホントに白いよね」
「そんなことないよ、友里だって白いよ」

「確かに友里も白いけど、愛子ちゃんのほうがもっと白くて、ホントに可愛いよー」
「えー、そんなこと言わないで、恥ずかしくなっちゃう」

愛子は顔を赤らめて照れていた。
俺は何度か手を握ったり、くっついてみたりして窺っていた。
そして俺の中では、(強引に押し倒せば簡単にいけんじゃね?)という気持ちが芽生えていた。

良昭は我慢の限界らしく、友里の手を引いて同じ部屋のベッドルーム消えていった。
すぐに何かしているなという雰囲気や声が伝わってきた。
俺はさらに愛子に密着して会話を続けた。

「愛子ちゃん、顔が赤くなってきたね」

「恥ずかしい、私、結構酔っ払っちゃったかも」

(じゃあ酔った勢いで股も開いちゃえよ!あー早くやりてぇ)

そんなことを心の中で思っていると、明らかに喘ぎ声と分かる友里の声が聞こえてきた。

「あっちの2人、何かしてるみたいだね」

「うん・・・」

「俺たちもしちゃおっか・・・?」

少し沈黙があって、俺はあっさりキスをした。

「だめだよ・・・」
「どうして?」

「だって私、彼氏いるし・・・」
「今日だけだよ、海外の思い出だと思ってさ」

なーんてな。
彼氏くん、頂きまーす!
そんな心境だった。

俺は遠慮せずに唇を味わって舌を吸った。
そしたら案外簡単に愛子の舌が俺の口に入ってきた。
そしてお待ちかねの乳揉みタイム。
俺は愛子の後ろに座って舌を吸いながら両手で揉み始めた。

「んんっ」

愛子のスケベ声が漏れた。
愛子の乳は最高に揉み応えがあってたまらなかった。

「愛子ちゃんって胸おっきいね、何カップあるの?」

「あ・・・Eカップだよ・・・」

愛子の上着を捲り上げるとプルンと大きな乳房が露わになった。
とっとと乳首を拝んでやろうと思ってブラジャーを外すと、まだまだ綺麗な乳首が姿を現した。

「乳首きれいだねぇ、たまらないよ」

「恥ずかしい・・・」

ちょっと乳首を弄ってやると、すぐにコリコリと勃起し始めた。
摘んだり引っ張ったりすると、どんどんスケベな声が漏れ始めた。

「ん、やっ、あっ」

「愛子ちゃん、乳首すっごい硬くなってるよ。敏感なんだ?」

「ああっ、やっ」

俺は愛子をソファに押し倒して乳首に吸い付いた。
そして小指の先ほどある勃起した乳首をベロベロ吸い舐め回した。

あ~彼氏くん、彼女の乳首は美味しいね。
彼女、俺に乳首吸われてアンアン喘いでるよ。

ベッドルームから聞こえてくる友里の声を聞きながら愛子もどんどん興奮しているようだった。
その証拠に、俺がパンティを下ろそうとすると自ら腰を浮かせた。
早くマンコを弄って欲しいんだってさ。
どんなマンコしてんのかね?
そう思いながら覗き見た。
肉厚で色は乳首同様綺麗なもんだ。
まぁでもマンコに大差なんてないけどな、ただの新しいチンポ便器だね。

「愛子ちゃん、もうヌレヌレだね」

「ああ・・・恥ずかしいよ」

いつまで恥ずかしがってんのかね、この女は。
マンコの中を弄ってやるとグチョグチョ音がした。

「ああっ、いやっ」

俺は愛子をソファに浅く座らせ、脚を広げさせた。
指2本で中を掻き回すと、どんどんスケベ汁が垂れてきた。

「あああ、ああ、気持ちいい」

「愛子ちゃんいっぱい出てきたよ」

さらに激しく弄ってやると愛子は腰を浮かせて感じだした。

「あああっ、私・・・出ちゃう」
「あ~いいよ、我慢しないで噴いちゃえ」

「ああああっ」
「ほら、いいよ!」

「ああああああんっっ」

ビチャビチャという音を立てて愛子は大量の潮を噴いた。
明らかに初めてではない潮の噴きっぷりだったので聞いてみた。

「いつも彼氏に噴かせてもらうんだ?」
「ううん、違うの。前に付き合ってた人にされたことがあるだけ」

「今の彼氏にはしてもらってないんだ?」
「うん、ない・・・よ」

「そうなんだぁ、もしかして彼氏、愛子ちゃんのことイカせてあげてないの?」
「え?・・・うん」

情けない男だねぇ。
今夜はたっぷり俺が彼女をイカせてやるよ。
どんな声上げてイクのか、あー楽しみ。

俺は全裸になり、フェラチオするよう愛子に言った。
股を開く瞬間もたまらないが、他人の女に自分のチンポを咥えさえるのもたまらないんだよな。

愛子は俺のチンポを見て明らかに表情が変わった。
それもそのはず、俺のは勃起時に18センチあるからな。
大抵の女は入れてやれば歓喜の声を上げる。
友里も俺のチンポが良くて離れられないんだと。

愛子ちゃんの彼氏くん、彼女がこのチンポに溺れないといいね。
ほら、ドスケベな顔して俺のチンポを咥え込もうとしてるよ。

「チュク、チュル、チュパ」

「あー愛子ちゃん気持ちいいよ」

愛子の舌が俺のチンポを這っていった。
亀頭を舐め回し、根元まで舌を滑らせ、一生懸命口を開いて頬張った。
それにしても他人の女が自分のチンポを夢中でしゃぶる様は何度味わってもいいもんだね。
俺のチンポを悦ばせようと舌をベロベロ動かしてしゃぶりついてる。
マンコを疼かせて、夢中でチンポを咥えてますよ、彼氏くん。

「愛子ちゃん上手だね、凄く気持ちいいよ」

「チュパ、チュル、祐司さんの凄いおっきい」

しばらく口マンコを味わった後、そろそろ下のマンコ使ってやろうかと思っていると、例の彼氏くんからまた電話が来た。
愛子は慌てた様子で電話を持ってバスルームに消えた。
俺は近くに寄ってどんな会話をするか盗み聞きした。

「電話ごめんね、え?うん、今寝るとこだったよ。友里?うん、もう寝たみたい」

あはは、よく言うよ。
友里は同じ部屋でチンポ入れられて悦んでじゃねぇか。

「起こすと悪いからお風呂場で話してる、うん、ごめんね。もう寝ます」

あ~あ、女ってのはこうだからな。
「今日初めて会った男と寝ます」だろ?
ちゃんと言えよな。

「うん、おやすみ、また明日ね、うん、おやすみ」

可愛らしい声で彼氏くんにおやすみを言って愛子は部屋に戻ってきた。

「彼氏、大丈夫?」
「うん、『まだ寝てないの?』ってちょっと怒ってた」

「そっか、ホントに心配性なんだね」
「うん・・・」

何が「うん・・・」だか。
俺が股に顔を埋め舐めてやると、すぐに愛子は感じ始めた。
マンコからだらしない涎を垂れ流し、すぐにでもぶち込んでと言わんばかりの状態になった。
それでその時、力が抜けたのか、愛子の手に握られていた携帯が俺の足元に転がったんだよね。
俺はとっさに彼氏と通話状態にして一部始終を聞かせてやろうと思った。

愛子はソファの上、携帯は足元で死角になって見えていないのを利用して素早く彼氏にリダイヤルをした。
何が始まるかなんて想像もせず、すぐに彼氏くんは出たようだった。
最初、電話の向こうで何か言ってるようだったけど、愛子はなーんにも気付かずマンコを開いてた。

(じゃあ彼氏くん、ちゃんと聞いててね)

俺はギンギンに勃起したチンポを愛子のマンコに擦りつけた。
すると恥ずかしがってた愛子の姿は微塵もなくなって、早く欲しいと言わんばかりのスケベ顔でこっちを見てきた。

「愛子ちゃん、そろそろ入れていい?」
「はぁ、はぁ、うん、いいけど、ゴムしよ?」

「あればするんだけど、今日は無いから」
「はぁ、はぁ、大丈夫かな?」

「大丈夫だよ、ちゃんと外に出すから」
「うん」

彼氏くん聞いてますか?
愛子ちゃん、他の男に生マンコを使わせようとしてますよ。
ほら、自分で股開いた。
おチンポ下さいだってさ。
あー最高!
では、彼女のオマンコをいただきますね。

「んぁっ!おっきいっ!!!」

俺がズブリと挿入すると愛子の声が響いた。
ゆっくり動いてやると、さらに声上げて悦び始めた。
大きいと驚いていたのは最初だけで、愛子はどんどん俺のチンポに夢中になっていった。

「祐司さんの凄いよぉ」

「愛子ちゃん気持ちいい?」

「ああんっ、うん、凄い気持ちいい」

いい眺めだったな。
デカい乳が縦に揺れて、スケベ顔で喘いでんだよ。
彼氏に聞かれてるとも知らずに、「気持ちいい~」だって。
もっと色んな声を聞かせてやりたくなった。

俺は愛子の身体を起こし、ソファの上で座位で身体を味わった。
顔の目の前に来る乳を思う存分しゃぶりながらマンコを突き上げた。
愛子が上下に動く度にマンコがグチャグチャと音を立てていた。

「ああっ、奥まで入ってくる」

「愛子ちゃん、気持ちいいねぇ、ほら、もっと腰を落として根元まで飲み込んでごらん」

愛子は俺の首に手を回して掴んでゆっくり腰を沈めた。

「んああっ、やっ、待って、待って」

俺のチンポが確実に愛子の子宮口に到達していた。
俺が突こうとすると愛子は「待って」と懇願した。

「愛子ちゃん、ここを突かれたことないんだ?」

「こんなとこまで初めてだよ」

「ちょっとずつ突いてあげるから力を抜いててごらん」

何とかセックスとか言うらしいけど、そんなのは知らん。
ただ、この子宮の入り口を突いてやると、女は震えながら声を上げ始める。
俺は色んな女をこれで虜にして便器代わりに使ってきた。
彼氏くん、そこでちゃんと聞いてなよ。

「あああっ、お願い、ゆっくり」

俺は下からゆっくり愛子の子宮口を突き始めた。
ゆっくり、でも確実に奥の壁を刺激してやった。
すると俺にしがみつきながら愛子は鳴き始めた。

「あはぁ、いや、ああ、あああ」

突いてやるたびに声を上げて、マンコからはグッチョリとしたスケベ汁が溢れてきた。
怖がって根元まで咥えこもうとしてなかった愛子が、だんだん力を抜いて腰を沈め、快楽に身を委ね始めた。

「愛子ちゃん、だんだん奥が良くなってきたろ?」

「ああ、うん、気持ちいい」

俺は徐々に強めに突き上げていった。
これをやると大抵の女は夢中になって喘ぐ。
それを下から見てるのがたまらないんだよな。

「ああっ、ああっ、いいっ」

「愛子ちゃんのが凄い絡みつくよ」

「ああっ、凄いのっ、凄いよっ・・・、あああっ」

新しい便器の愛子ちゃんは俺のぶっといチンポ咥え込んで夢中になってた。
その後すぐに、「イクイク」って言って肩を震わせてイッちゃったしね。
愛子を四つん這いにさせたときに愛子の携帯を見たらまだ通話中だったからそのままにしといた。

「はぁっ、はぁっ、祐司さん、ちょっと待って」

自分がイッたから待って欲しいらしい。
そんなの知らねーよ!
俺は構わず四つん這いの愛子の尻肉を掴んでマンコに捻じ込んだ。

「ごめん、愛子ちゃん、俺も我慢出来ないよ」

「ああっ、いやっ」

あーたまらんね!
真っ白いケツが腰を打ち付けるたびに波打ってた。

「待って」とか言ってたくせいに、ちょっと突いてやるだけですぐに感じ始めるし。
俺は愛子を仰向けにひっくり返して正常位でチンポを突っ込んだ。

「あああ・・・、凄い」

俺が思う存分チンポを抜き挿しすると、愛子はマンコを締め付けて悦んでた。
突いてやりながら舌を吸ってやると夢中で舌を絡めてきたし。

(彼氏くん、マンコ目的で近づいてきた男にマンコ使われてアンアン喘いでるよ!)

隣の部屋も終わったみたいだったし、一晩中使ってやるつもりだったから、とりあえず1回抜くことにした。

「愛子ちゃん、そろそろイクね」

「あああ、うん」

バンバン突いてやって、愛子のアヘ顔、乳が揺れる様、チンポが突き刺さったマンコを充分に楽しんで俺はフィニッシュに向かった。
俺がピストンの速度を上げるとすぐに、「イク~」なんて声を上げて愛子はまたイッてた。
俺はそんなことはどうでもよくて、自分の性欲に任せてチンポを抜き挿しした。
そして最後は、マンコから引き抜いたチンポを愛子の口に突っ込んで精子をぶちまけた。

「あ~出る出る」

愛子は苦しそうな顔してたけど、構わず口マンコ。
最後まで精子搾り出して最初の便器使用を終了した。

すると、すぐ隣の部屋から良昭がチンポをおっ立てて入ってきた。
で、「たまんねぇ」なみたいなこと言って愛子にしゃぶりついた。

(彼氏くん、聞こえてますか?愛子ちゃん、もう1人のヤリチンにもやられちゃうよ)

愛子はもう身体に力が入らないみたいで、一切抵抗しない。

「愛子ちゃん、こうやって複数でしたことあるの?」

「ううん、ない」

「そっか、じゃあ今日はたくさん楽しもうねぇ」

俺はわざと彼氏に聞こえるように言って、愛子にばれないうちに電話を切った。
向こうから掛かってこないように電源も切って、愛子をベッドルームに連れていって4人で楽しんだ。
愛子は、「もうダメ、もうダメ」を連呼して喘いでた。

(でもね、彼氏くん、女は「もうダメ」ってなってからが楽しんだよ、知ってた?)

俺達はその後も思う存分やりまくって、新しい便器の愛子ちゃんを堪能した。

さて、帰国してからはしばらくは女達と連絡を取らなかったけど、愛子は当然彼氏と揉めたらしい。
詳しいことは聞いてないけど、俺はたまに愛子のマンコが使えればいいだけなので、どうでもいい。
『また会おうよ』のメールにも好感触な返事が来たから、また愛子を使った時には報告するかも。

読んでくれてありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする