筋肉バカのDQNに寝取られたヤリマン彼女

大学時代の話です。
入学から1ヶ月、僕はとある文化系のサークルに入りました。
そこで出会ったのが裕子です。
身長は170センチあるかないかくらいで、胸はEカップ。
水泳をずっとやっていたので少し肩幅が広く、ちょっとムチムチしてました。

サークルの活動とか飲み会とかで仲良くなり、ある時酔った勢いでキスをして、そのままラブホで・・・ありがちですね。
後で知ることになるのですが、彼女は当時付き合っていた彼氏がいたのです。
セックス後に彼氏の存在を知ったのですが、当時恋愛経験の浅かった僕は、(それでもいい、すぐに自分と付き合ってくれるはず)と本気で思っていました。
馬鹿でしたね、ホントに。

ある日、僕と裕子、裕子の学科の友達の美樹(僕と裕子の関係を知っている)、美樹の高校からの男友達の田中(学科は同じ)の4人で美樹のアパートで飲んでいました。
この田中というのがチビで金髪丸坊主、おまけに筋肉バカという絵に書いたようなDQNでね・・・。
ちなみに僕と裕子と田中は、その日が初対面。
当然のことながら、田中には悪印象ばかり、金髪の時点で終わってます。

最初は他愛のない話で始まった飲み会。
中盤にあたりで、ほろ酔い加減のDQN田中が、「裕子ちゃんって超カワイイよね、スタイルいいしさ、俺マジでタイプなんだけど今度どっか遊びに行かない?飯とかさ」と言い出しました。
その時、裕子はカーディガンに少し胸元の緩いキャミソールを着てました。
田中の目線が頻繁に裕子の胸元に行っていたのは言うまでもありません。
なので、ちょっと屈んだり姿勢を直すと谷間が見え隠れしてました。

美樹「なに田中、裕子のこと好きなの?惚れちゃった?さっきから裕子のこと見過ぎだから、でも裕子には彼氏いるからね」

裕子「そうそう。彼氏いるからむりむり~(笑)」

僕「田中君、残念だったね。諦めとこ。美樹ちゃんにしとこ」

なんて冗談交じりに話してました。

それでも田中は諦められずに、「いやぁ、でも俺、ライバルがいると燃えるタイプなんで諦めないし、ついでに言うと、美樹はねーから」と、ニヤっと笑ってました。
その後も田中は必死に裕子を口説きにかかってましたが、美樹も見兼ねて裕子に、「田中は変態だからね、気をつけたほうがいいよ~」と、からかう始末。
その日は何もなく、裕子も田中の口説きを笑ってやり過ごしてました。

それから田中の猛攻が始まりました。
同じ学科ということもあり、教室とか実験棟で会うたびに告白めいたことが始まり、やがては、「やらせて」→「やりたい」→「犯します」とエスカレートしていったようです。
さすがに「犯します」は冗談ぽくだったみたいなんですが、裕子も少し困り気味で、なんとも言えないような感じでした。
僕も呆れて、「ほっとけば、そのうち目が覚めるでしょ」とあまり気にかけなくなりました。

でも田中は相当真剣だったみたいで、美樹に相談というか、「どうやったら落とせるのか?」という話をしていたようでした。
裕子と美樹は学科が同じなので、よく美樹の家で課題などをやってました。
以前から田中は美樹の家にはよく行っていたようで(肉体関係はなし)、なぜか鍵まで持っていました。

ある日、サークルの会合があり、裕子は美樹の家で課題をやるので、その日は行けないということを聞いてました。
サークルの部屋に早く着いてしまった僕は、暇ですることもなかったので裕子に電話しました。

僕『何してるの~?』

裕子『課題やってるよ。でもね、今1人なんだ。美樹が図書館に行っちゃって1人ぼっちだよ~、超寂しい~』

僕『そうなんだ。俺も行っちゃおうかな』

裕子『だめだよ~。今日は大事な打ち合わせじゃん。サボったら怒られちゃうぞ』

そんな他愛のない会話が続いた時でした。

ピンポーン・・・ガチャガチャ・・・。

『美樹、いるかぁ?』

聞き覚えのある声がして、なんとあのDQN田中が入って来たようなのです。

僕『あれ、田中の声がするよ』

裕子『なんでだろ?ちょっと見てくるね』

裕子は携帯を置きっぱなしにして見に行ったようです。
しばらくすると裕子の声がします。

裕子『だめ・・・だめ・・・だめだよ・・・や~だ』

田中『いいじゃんいいじゃん・・・ちょっと・・・チュウしよ・・・』

裕子『だめ・・・彼氏いるの知ってるでしょ?・・・だめだよぉ』

田中『彼氏って◯◯さんでしょ?(学科の先輩)俺、知ってるし』

裕子『えっ・・・そうなの?・・・だったらなおさらダメじゃん・・・むりむり』

田中『でもさ、美樹から聞いちゃったんだけど、こないだの奴ともやってんだよね?』

裕子『やってないよ。友達なだけ。単なる友達だよ。美樹が冗談で言ったんだよ』

田中『◯◯教室でフェラしたり、立ちバックしちゃったんでしょ?それも冗談?』

裕子『・・・もう美樹・・・したのは事実だよ。だって◯◯が相手してくれないし寂しかったんだもん』

田中『でも、ああいうのがタイプなの?ひょろっとしてさ・・・なんかダサクね?』

裕子『ダサイとか格好良いとかじゃないんだよ・・・優しいし、私が会って欲しい時に会ってくれるもん』

田中『じゃあ今度は俺が会ってやるよ。俺と会お。学科も一緒だし、毎日会お』

裕子『え~・・・田中君はそういうタイプじゃないんだよね・・・あくまで飲み友達とか知り合いって感じでしょ・・・だからむりむり・・・チュウもなし』

田中『じゃあ◯◯さんに全部話していいの?結構見かけるからさ』

裕子『はぁっ?・・・なんで田中君にそんな事する権利があんの?意味わかんないよ』

田中『じゃ、1回やらして。1回だけやらしてくれたら、もう言わないし、これから会わなくもいい。お願いだから1回だけ。お願いします。一生のお願い。頼む』

裕子『無理だよ~・・・』

田中『じゃあ言うぞ。絶対明日言う。全部言う』

裕子『待って・・・ちょっと待ってよ』

田中『じゃあ百歩譲ってオッパイ見せて。そしたら言わない。オッパイだけ・・・』

裕子『オッパイ?』

田中『うん。オッパイ見せて。それ見せてよ~。エッチが駄目ならオッパイ、ね?』

裕子『えぇぇ~・・・ほんとに言わない?絶対言わない?』

田中『言わないよ。見せてくれたら言わないよ。見るだけ見るだけ!』

DQN田中の必死さが伝わってきました。
裕子も大学に入って初めての彼氏で、しかも学科の先輩ということもあり、面倒なことを避けたかったのでしょう。

裕子『わかったよ。でも、ほんとに見るだけだよ。触るのは絶対なしね!』

田中『見せてくれんの?ホントに?見るだけで十分だよ』

裕子『わかった・・・じゃ、ちょっと離れてよ・・・』

裕子は服を脱いでいるようでした。

田中『でかっ!!!・・・すんげー谷間なんですけど!!デカッ。これ何カップ?乳首超ピンクじゃん・・・すんげ~きれい』

田中の興奮が伝わってきます。
たぶんこの時には、かなり近づいていたのでしょう。

田中『Eかな・・・』

裕子『もういいでしょ?』

田中『まだまだ・・・もっとよく見せてよ。いつからデカくなったの?彼氏のとか挟んだりする?』

裕子『エロいよ~田中君。内緒。ねっ、そろそろいいでしょ』

田中『内緒かよ。ほんとでけぇ』

田中は裕子のオッパイを舐めるように見てるようでした。
ふとした間があって次の瞬間・・・。

裕子『や・・・ちょっと・・・や~だ・・・だめ・・・だめだよ・・・やめて』

田中『チュウチュウチュウ・・・レロレロ・・・チュウチュウ・・・超ウメェ・・・チュウチュウ』

裕子『やん・・・駄目だよぉ・・・やぁだ・・・だめ・・・ホントにやめて・・・や~だ・・・』

田中『いいじゃんいいじゃん・・・チュウチュウチュウ・・・超やわらけぇ・・・あ~マジ最高・・・やっぱ見るだけじゃ無理無理』

田中は裕子のオッパイを舐めたり揉んだり吸ったりと好き放題にしてるようでした。

田中『彼氏以外にだって吸わしてるんだからいいじゃん、チュウチュウチュウモミモミモミ・・・やわらけぇ・・・揉んでるだけでイキそう』

裕子『ダメだよ・・・田中君・・・やめて・・・駄目だってば・・・』

裕子も必死に抵抗してるようですが、筋肉馬鹿の田中にはかなわないようで、それがわかると田中は・・・。

田中『やらして、エッチしよ・・・オッパイだけじゃ我慢できねーよ・・・チュウチュウ・・・俺、オッパイ星人なんだよね・・・モミモミ・・・』

裕子『やぁだ・・・やめて・・・もうお願い・・・』

田中『ヤリマンのくせに・・・絶対やる・・・』

裕子『だ~め・・・やぁだ・・・ダメ。美樹だって帰ってくるし。駄目だよ・・・』

田中『美樹?帰って来ないよ。今日はずっと帰って来ない。俺が裕子ちゃんとやりたいから2人にして欲しいって頼んだんだもん・・・モミモミモミ』

裕子『はぁっ?意味わかんないんだけど・・・それでもやめて・・・お願い』

田中『1回だけしよ?・・・モミモミ・・・いいじゃん1回だけ。ほんとは濡れちゃってるんでしょ?』

そう言うと田中は美穂の下半身を弄りだしました。

裕子『だぁめ・・・だぁめ・・・やだよ・・・やん・・・だめだよぉ』

田中『やっぱ濡れてんじゃん・・・超エロイね・・・弄らせてよ』

そう言うと田中はパンツを剥ぎ取り・・・。

田中『うわぁ!やらしぃなぁ・・・形がエロイんすけど・・・クチュクチュクチュ』

裕子『やん・・・や・・・だめぇ・・・だめ・・・やん・・・だめ』

田中『汁が垂れまくりだよ・・・クチュクチュ・・・指で擦ってるだけなのに・・・』

裕子『やぁだ・・・もういいでしょ・・・だめ・・・ほんとにダメ』

その後しばらく田中は裕子のオッパイとマンコを好き放題にしているようで、裕子もほとんど抵抗せずにされるがままになっていました。

田中『裕子ちゃんのオッパイとマンコ最高・・・いいでしょ?舐めて・・・俺の』

そう言うと田中はズボンとパンツを脱ぎ捨てたようです。

裕子『おっきぃ・・・こんなの口に入るかな?・・・』

田中『いいから舐めてよ・・・』

裕子『ペロペロペロ・・・ジュボジュボジュボジュボ・・・レロレロレロ』

田中『やっべ・・・超気持ちいい・・・あぁすげぇいい・・・超いい』

裕子『キモヒ・・・イイ?(気持ちいい?)レロレロレロ・・・』

田中『すっげ気持ちいい・・・タマも弄って・・・超いい・・・』

タマを弄りながらフェラを繰り返していたところで、そろそろ田中の限界が来たようです。

田中『やっべ・・・マジでイキそう・・・裕子のマンコでイカせて』

田中はゴムを探してるようでしたが・・・。

裕子『しないほうがいいから、早く欲しいよ・・・田中君の欲しい・・・』

田中『マジで?じゃあしないよゴム・・・入れるよ・・・ニュリュ・・・』

裕子『やん・・・おっき・・・おっき・・・やん・・・アンアン』

田中『すっげ締まる・・・ズンズンズン・・・あぁ気持ちいい・・・ヌチュンヌチュン』

裕子『アハァン・・・ヤン・・・イイ・・・イイ・・・ヤン・・・おっき・・・あん』

田中『まじ気持ちいい・・・あぁ・・・いい・ヌチュンヌチュンヌチュン』

田中は猛烈なピストンを繰り出してるようでした。

パンパンパンパン・・・。

裕子『ヤン・・・はやぃぃ・・・すごい・・・おっきおっき・・・やぁん・・・。ねぇキスしながら入れて・・・』

田中『いいよ・・・チュウしよ・・・レロレロレロレロ』

裕子『オッパイも・・・レレロレロ・・・吸って・・・舐めながらやって・・・』

田中のピストンに合わせて裕子の胸もプルンプルン揺れていたようです。

田中『チュウチュウチュウ・・・おいちぃよ・・・裕子のオッパイおいちいよ~』

田中の変態性がわかります。
裕子のオッパイを吸いながら猛烈なピストンを繰り返す田中。
何よりも自分より背の低い金髪DQNに生で挿入させてオッパイに吸い付かれている・・・。
これだけで強烈な嫉妬心を覚えました。

田中『ヌチュンヌチュンヌチュン・・・裕子のマンコ最高だよ・・・超イイ・・・』

裕子『田中君のオチンチンも・・・ヤン・・・アン・・・おっきくて・・・いい・・・アン』

田中『ねぇ・・・裕子・・・誰のセックスが一番いいの?ヌチュンヌチュン』

裕子『アハァン・・・ヤン・・・上手いのはこのオチンチンかな・・・ヤン・・・アァン』

田中『じゃ、これから彼氏以外は俺とだけしよ・・・ヌチュンヌチュンヌチュン』

裕子『え・・・ヤン・・・アンアン・・・ハァン・・・裕子わかんな~い・・・ヤン・・・』

田中『じゃ、ズンズンズン・・・ヌチュンヌチュン・・・これからは俺ともする?』

裕子『アン・・・や・・・ン・・・内緒に・・・ヤンハァン・・・してくれるなら・・・考えるぅ・・・ヤン・・・イカセせて、お願い、イカせて・・・』

田中『いいよ、ヌチュンヌチュンチュン・・・イキな・・・イキな・・・ズンズンパンパン』

裕子『ア~ン・・・アンアン・・・イイ・・・イクイクイイク・・・イッちゃう・・・ハァン』

田中『俺もイキそうだよ・・・ヌチュンヌチュンヌチュン・・・オッパイに出していい?』

裕子『やはぁん・・・アン・・・中で・・・今日は大丈夫だから中・・・田中君の欲しい・・・ヤン・・・ヤンァン・・・』

田中『ほんとに?・・・いいの?じゃ中で・・・イクよ・・・イクよ・・・あぁイク!!』

裕子『あぁん・・・やはぁん・・・イクッ・・・』

まあ要するに裕子はヤリマンだったのです。
頼まれると断れずにヤってしまうという・・・。

この後、裕子はサークルを辞めて連絡がつかなくなりました。
美樹によると、しばらく田中とセフレの関係が続いた後、どこからか彼氏にバレて、彼氏と別れた後は学科の後輩を食い散らかしていたようです。
それから居酒屋でバイトを始めたそうで、しばらくするとそこの店長といい仲になり、妊娠してしまったので大学を辞めたみたいでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする